Interact Reference Component

遺伝子バイオマーカーの発見と、それに続くがん研究でのアプリケーションにより、標的治療開発への道を切り開き、病状および予後、最終的にはより効果的な治療に遺伝子バイオマーカーを結びつけます。当社の次世代ターゲットシーケンシングパネルおよびワークフローと、キュレーションされたバイオインフォマティイクスデータベースおよびサービスを用いることで、治療薬開発およびコンパニオン診断開発用の強力なソリューションが得られます。

関連する製品

前臨床からコンパニオン診断開発まで

がん研究におけるターゲットシーケンシングアッセイFFPEおよび液体生検サンプル等の DNAおよび RNA から解析可能。

がん研究の論文やデータに関する当社の包括的な知見を基にしたアッセイデザインやレポート作成など、よりインフォーマティブなアプローチを提供します。


Oncomine Assayと Ion AmpliSeq Panel の比較

ターゲット次世代シーケンシング (NGS) を用いることで、ラボの大小に関わらずがん研究を強力に推進できます。極少量のサンプルから高感度な分析結果が得られるように、また将来的な新しいコンパニオン診断検査法や治療法につながる情報を得られるようにデザインされたアッセイとパネルが、これらのブレークスルーの中核を成しています。

臨床がん研究では、数え切れないほど多くの決断を下す必要があります。特に大事なのは、アッセイコンテントに関する決断です。この Oncomine™ Assayと Ion AmpliSeq™ Panelの比較検討を、コンテント選定にお役立てください。

Examples of Oncomine assays and Ion AmpliSeq panels and a subset of their associated genes and tumor types for research use. The Oncomine Knowledgebase shows that the specific gene had a variant detected in specific tumor type at a minimum of a 1% frequency. Additional genes are available on these and other Oncomine assays and Ion AmpliSeq panels.
 Click to enlarge

業界のリーダーがビッグデータを活用してデザインしたアッセイ

がん研究をより効果的に推進するためには統合型アプローチが重要であると考える研究者が増えています。当社のターゲット次世代シーケンシング (NGS) ソリューションは Oncomine™ Knowledgebase の情報を活かしてデザインされており、業界をリードするパートナーから 医薬品やコンパニオン診断の開発に対する強力なソリューションになると認められています。

図 1.Oncomine Knowledgebase


図 2.Oncomine Knowledgebase のアッセイ結果から得られる情報に基づくコンテントおよびインフォマティクスソリューションにより、前臨床試験からコンパニオン診断の将来につながる研究が促進されます。

リソース