hcs-mondrian

ハイコンテントスクリーニング(HCS)またはハイコンテント解析法(HCA) は、電動顕微鏡、マルチパラメータの画像処理、および視覚化ツールを用いた一連の解析方法であり、細胞集団から定量データを抽出することができます。ハイコンテントスクリーニングにおいて、通常は、ハイスループットフォーマットでサンプルの蛍光イメージングが行われ、ターゲットと各細胞の空間的分布やオルガネラ形態などのパラメーターについて定量的に解析します。Thermo Scientific™ High-Content Analysis製品は、細胞生物学、システム生物学や創薬などの生物学研究の全てのセグメントへ直接影響を与えてきました。

デモ依頼・訪問依頼・資料請求

ハイコンテントスクリーニング(HCS)システムを利用して得られた結果や発表事例をご覧ください

CellInsight™ CX5 HCS Platform

CellInsight CX7 HCS Platform

CellInsight CX7 LZR HCS Platform


Invitrogen HCA Onstage Incubator

Invitrogen HCA Onstage Incubator

Invitrogen High-Content Analysis(HCA) Onstage IncubatorをThermo Scientific CellInsight機器と合わせて使用することで、長時間の生細胞イメージングに適した機能を持たせることができます。

詳細はこちら

* 詳細については、サーモフィッシャーサイエンティフィックまでお問い合わせください。
対応する機器:Thermo Scientific CellInsight CX5 instruments (2015–現在)、 CellInsight NXT instruments (2012–2015)、CellInsight CX7 instruments (2015–present)


ハイコンテント解析用の試薬

CellInsight™ CX5を用いてイメージングしたBPAE細胞

BPAE細胞は、CellInsight™ CX5プラットフォームを用いてイメージングを行い、DAPI(青)、Alexa Fluor® 568 phalloidin(赤)、およびGoat anti–mouse IgG (H+L) secondary antibody、Alexa Fluor® 488 conjugate(緑)を用いて染色しました。

CellInsight™ CX5を用いてイメージングしたHeLa細胞

HeLa細胞については、CellInsight™ CX5プラットフォームを用いてイメージングを行い、また以下を用いて染色を行いました;Hoechst® 33342 (青)およびAlexa Fluor® 680 phalloidin (黄)。

ArrayScan™ readerを用いて取得したHT1080細胞の画像

HT1080細胞は、ArrayScan™システムを用いてイメージングを行い、DAPI(青)、Alexa Fluor® 555 phalloidin(赤)、およびanti-tubulin and Alexa Fluor® 647 goat anti–mouse IgG(緑)を用いて染色されました。

ハイコンテント解析(HCA)用の試薬のセレクションガイド

Molecular Probes® HCS製品は、 数十年間にわたり蛍光イメージングへ携わってきた当社の経験を生かしながら、高処理ワークフローおよび自動イメージングへ特に配慮した上でThermo Scientific™ハイコンテントプラットフォームを用いて開発されました:

  • 自動分画用の細胞および核マスク
  • 細胞健康状態を検証する用途に適した機能的プローブ
  • 自動処理にも柔軟に対応するアッセイワークフロー
  • 多重染色を容易にする各蛍光色素を選択できます
  • 複数のイメージングプラットフォームで検証済み

以下から試薬をお選びください(試薬はハイコンテント解析のプラットフォーム用に最適化されています):

CellInsight™ CX5プラットフォームで用いる試薬

CellInsight CX7 Platform reagents

ArrayScan™システムで用いる試薬

CellInsight CX7 LZR で用いる試薬

その他の細胞構造および細胞セグメンテーションツール

細胞と核の境界を自動イメージングで明確に識別するには、細胞構造を堅牢かつ再現性高く標識する基準マーカーが必要になります。細胞マスクは、自動イメージングに特化した仕様となっています。Molecular Probes®細胞構造標識は、顕微鏡イメージングとハイコンテントスクリーニング(HCS)において広く利用されています。

細胞構造用の試薬を見る

その他の細胞の健康状態および細胞毒性アッセイ

細胞の生存率、増殖、アポトーシス、細胞周期およびDNA修復、遊走、接着および他の細胞機能を解析する用途に向けて、当社提供の多様なイメージングおよび顕微鏡アッセイを選択することができます。これらのアッセイの多くは、ハイコンテントスクリーニング(HCS)プラットフォームに対して特に検証済みです。

細胞の健康状態および細胞毒性アッセイを、以下のアプリケーション別に検索してください:

リソース

ソフトウェア

製品カタログ

Cell Analysis Support Center
Find tips, troubleshooting help, and resources for your cell analysis workflow.

アプリケーションノート