Gateway クローニング

日常的なクローニングに対応する使いやすい選択肢

Invitrogen Gateway 組換えクローニングテクノロジーは、伝統的な制限酵素ベースのクローニングが持つ制約を回避し、少しのシンプルなステップだけで事実上どのような発現システムにもアクセスすることを可能にします。タンパク質発現から機能的な解析まで、Gateway クローニングテクノロジーは多様な研究領域に適用でき、真に多分野にわたる科学研究を実現します。

伝統的な制限酵素クローニングの困難を回避できます—リガーゼやサブクローニングのステップが必要なく、無数のコロニーのスクリーニングに消費する時間を取り除きます。Gateway クローニングテクノロジーをご体験ください。

  • 速い反応- 室温で 1 時間のクローニング反応
  • 正確な結果—クローニング反応は 95% 以上の効率で必要なクローンを作成
  • 汎用性のあるテクノロジー—DNA 材料/インサートをベクターからベクターへ 簡単に往復移動
  • 合理化したプロトコル—再シーケンシングが不要で、ターゲットの同定から検証まで同一のクローンを使用 (Gateway クローニング反応の基礎をご覧ください)

Gateway クローニングテクノロジーの詳細

Single-step BP/LR クロナーゼ反応プロトコル

DNA フラグメントをデスティネーションベクター内にワンステップの反応でクローニングできるため、時間と費用を節約します。

  • 1 つの発現クローンを得るのに必要な時間が 3 日から 1 日に減少します
  • BP Clonase 酵素の使用量を減らすことで費用を抑えます

このプロトコルは BioTechniques で公表されています。PDF をダウンロードする補助資料およびプロトコルをダウンロードする。

Gateway クローニング製品

関連するクローニングツール

Inventor 動画シリーズをご覧ください

研究コミュニティで広く採用されている Gateway クローニングテクノロジーは、さまざまな研究分野のコラボレーションをより簡単に実現しやすいものにします。
—Dr. Jon Chesnut
 Gateway クローニングテクノロジー

リソース

クローニングツールおよびリソース

関連製品

出版物