クローニングのための二本鎖DNA断片あらゆるラボでお求めやすく

GeneArt® Strings™ DNA Fragments は、最長3,000 bp までの二本鎖DNA断片を提供する受託サービスです。凍結乾燥品でお届けしますので、再溶解後すぐにクローニングにご利用いただけます。多くの信頼と実績を誇る弊社GeneArt®人工遺伝子合成サービスで開発されたプロセスと同様に、Strings™ DNA Fragmentsは合成オリゴ DNAからPCR増幅を経て作製されます。Strings™ DNA Fragments は、従来のクローニング法と比べ、手の届きやすい価格にて遺伝子を入手する迅速かつ簡便な代替法です。


  • 迅速 -1000 bpまでは最短9営業日、1001-3000 bpは最短12営業日でお届け
  • お求めやすい価格 -長さに応じて11段階の価格設定
  • 2つの選択肢 -DNA断片ならStrings™ DNA Fragments。
    100%配列保証でプラスミド提供なら、GeneArt® 人工遺伝子合成サービスがおすすめです。

クイックリンク

価格&納期

製品名 配列長 納期 価格 Emailオーダー
追加料金*1
Strings™ DNA Fragments 150-600 bp 150~600 bp 9営業日~ ¥13,200 ¥1,300
Strings™ DNA Fragments 601-750 bp 601~750 bp ¥16,500 ¥1,700
Strings™ DNA Fragments 751 to 1000 bp 751~1,000 bp ¥19,800 ¥2,000
Strings™ DNA Fragments 1001 to 1250 bp 1,001~1,250 bp 12営業日~ ¥42,900 ¥4,300
Strings™ DNA Fragments 1251 to 1500 bp 1,251~1,500 bp ¥49,500 ¥5,000
Strings™ DNA Fragments 1501 to 1750 bp 1,501~1,750 bp ¥55,000 ¥5,500
Strings™ DNA Fragments 1751 to 2000 bp 1,751~2,000 bp ¥60,500 ¥6,100
Strings™ DNA Fragments 2001 to 2250 bp 2,001~2,250 bp ¥66,000 ¥6,600
Strings™ DNA Fragments 2251 to 2500 bp 2,251~2,500 bp ¥71,500 ¥7,200
Strings™ DNA Fragments 2501 to 2750 bp 2,501~2,750 bp ¥77,000 ¥7,700
Strings™ DNA Fragments 2751 to 3000 bp 2,751~3,000 bp ¥82,500 ¥8,300

※合成難航時および輸入時の輸送状況によりお時間をいただく場合やキャンセルをお願いする場合があります。

※合成難易度の高い配列のため、Strings™ DNA Fragments として合成できない場合は、人工遺伝子 合成への変更や配列をご修正いただく場合がございます。

※1 E-mail(Excel ファイル)によるご注文時に発生する1配列ごとの追加料金です。

※価格例
600 bpで1縮重塩基の場合*:¥13,200+¥13,200=¥26,400
1,000 bpで3縮重塩基の場合*:¥19,800+¥13,200=¥33,000
* 変異導入部位が離れていても連続していても[最初に示した条件内]


ご注文方法

Option 1:

オンラインオーダー ログイン

  • 24時間オープン
  • 配列編集、コドン最適化対応
  • 見積、発注機能
  • マニュアルはこちらから
  • ご注文にはライフテクノロジーズオンラインオーダーIDが必要です。新規ご登録はこちらから。既存のご登録先の内容変更はこちらから
 

Option 2:

E-mail オーダー


※ オンラインでのご注文頂いた場合、下図のタイミングでご連絡をさせて頂きます。
  製造サイトからの出荷後、約5営業日でのお届けとなります。

ご注文からお届けまで

納品物

  • 形態:乾燥品 (※TE中で凍結乾燥)
  • 収量:200 ng (保証)

注意事項

  • バイオセキュリティチェック
    • ご入力いただいた各配列は、GeneArt®プロダクションチームによるバイオセキュリティチェックを実施します。毒素、ウイルス由来などで危険遺伝子と判断される場合、弊社指定の同意書が必要となるか、もしくはお受けできない場合がございます。このチェックを通らない配列の場合は、その後のご対応としてお客様において最適な方法をご相談いたします。
  • 受注可能な配列について
    • 以下の合成基準を満たさない配列の場合、合成できない可能性があり、オンライン注文時に通知されます。その際には、GeneArt®人工遺伝子合成サービスで注文いただくことをおすすめします。多くの場合、コドン最適化を行うことで合成が可能になります。

      合成基準:GC含量が20~80%(全長配列中の含量でなく、40塩基単位での%含量)であること、長い二次構造や反復配列がないこと、AまたはT連続配列が>25 bp以上ないこと、あるいはGまたはC連続配列>20 bpがないこと

    • 未修飾A/C/G/T ヌクレオチドだけを含むこと、ATCG以外のヌクレオチド(たとえばI やU)はご利用いただけません。
  • 納品物の取扱につきまして
    • 開封前にまず遠心分離した後に、適当な量のヌクレアーゼフリー水をチューブの底に加え、室温で少なくとも1時間(または4℃で一晩)インキュベートすることをおすすめします。
    • 納品物について、溶解後はお早めにお使いください。溶解後に長期間保管されたい場合は、分注し-20℃で保管して下さい。凍結融解サイクルを繰り返し行わないようにご注意下さい。

品質

GeneArt® Strings™ DNA Fragments は、納品物にお客様のご希望配列が含まれていることを確認するため、DNAフラグメントプールの状態でダイレクトシークエンスを実施しています。お届け後、お客様ご自身でクローニングを実施いただきますが、90%以上の確率で正しい配列のクローンを得るために、以下のガイドラインを提供しています。

GeneArt® Strings™ DNA fragments~1kb 2-4 クローンを全長シーケンス
GeneArt® Strings™ DNA fragments1- 2kb 3-5 クローンを全長シーケンス
GeneArt® Strings™ DNA fragments2- 3kb 4-8 クローンを全長シーケンス

Table 1: GeneArt® Strings™ DNA fragmentsの各種長さと推奨シーケンス確認クローン数


様々なクローニング法との組み合わせ

Strings™ DNA Fragments は、あらかじめ末端配列をデザインしてオーダーしておくことで、様々なクローニング法に対応します。デザインは、オンラインオーダーシステム内の便利な配列編集機能や最適化機能も使って行うこともできます。また、それぞれのクローニング方法には、成功率を上げるため、様々な工夫のポイントがあります。たとえば、制限酵素を用いたライゲーションによってStrings™ DNA Fragmentsをクローニングする場合、酵素結合の効率をよくするために配列の両末端にさらにヌクレオチドを付加しておくことを一般的にすすめます。その他のクローニング法については下記表をご参照ください。

制限酵素クローニング 5’および3’制限酵素配列やヌクレオチドを付加
GeneArt Type IIsアセンブリー
(A15916, A15917, A15918)
5’および3’制限酵素配列やヌクレオチドを付加
GeneArt® Seamlessクローニング
およびアセンブリー
(A14606, A13288, A14603)
ベクターにオーバーラップする15bp配列(またはそれ以上、キットによる)を
隣接するインサートに付加
Gateway® クローニング
詳しくはこちら
pDONRベクターに組換えられるように
attB1, attB2配列を5’末端、3’末端に付加し、さらに外側にGを4つ付加します。
Zero Blunt® TOPO® PCR クローニング
詳しくはこちら
Strings™ Fragmentsは平滑末端なので、そのままTOPO®反応へ
TA and TOPO® TA クローニング
詳しくはこちら
Strings™ Fragments は平滑末端なので、A overhang を付加するため
dATPの存在下で Taqポリメラーゼを用いてアデニル化する必要あり

Table 2: クローニングの方法の例と推奨する配列デザイン


アプリケーション例

制限酵素クローニング

制限酵素クローニング

3000 bpまでの様々な8種類のサイズのStrings™ Fragmentsを、5’ AscI および3’PacI 制限酵素を使ってクローニングしました。ライゲーションおよびトランスフォーメーション後大腸菌をプレートに移し、37℃で一晩インキュベートしました。 8 (<1kb) または 16 (>1kb)個のコロニーをピックアップし、コロニーPCRで全長クローンを同定しました。 4~8個のクローンの全長をシーケンスして、正しい配列のクローンの数を決定しました 。図にはコロニーPCRで同定した正しい長さのクローンが得られた割合(%)が示されています。また正しい配列のクローンが得られた割合(%、fidelity)は、全長クローンの数に基づいています。


複数のStrings フラグメントを用いるGeneArt Type IIs Assembly

2800bpまでの異なる長さで、適切な末端配列を持つ(Aar I 認識配列をもち6bpのベクターまたは隣接断片と15bp相同)8個のStrings™ DNAフラグメントを用いて、GeneArt® Type IIs Assembly Kit Aar I (Cat. No A15916) でアセンブリーを直接行いました。 得られた4つの遺伝子はそれぞれ5056 bp、 5061 bp、5267 bp、 5448 bpでした。ライゲーションおよびトランスフォーメーション後大腸菌をプレートに移し、37℃で一晩インキュベートしました。得られたコロニーから、16個のコロニーをピックアップし、コロニーPCRで全長クローンを同定しました。さらに、アセンブリーを行った4つの遺伝子については、8個のコロニーをシークエンスして、正しい配列のクローンの数を決定しました。図にはコロニーPCRで同定した正しい長さのクローンが得られた割合(%、クローニング効率)を示しています。また正しい配列のクローンが得られた割合(%、fidelity)は、全長クローンの数に基づいています。

複数のStrings フラグメントを用いるGeneArt Type IIs Assembly


GeneArt Seamless Cloning and Assembly

GeneArt Seamless Cloning and Assembly

3000 bpまでの10種類のサイズのStrings™ Fragmentsを、GeneArt® Seamless Cloning & Assembly kit (Cat. A13288) を使ってクローニングしました。ライゲーションおよびトランスフォーメーション後大腸菌をプレートに移し、37℃で一晩インキュベートしました。得られたコロニーから 8(<1kb) または 16 (>1kb)個のコロニーをピックアップし、コロニーPCRでクローン全長を確認しました。 4~8個の全長クローンをシーケンスして、配列の正しいクローンの数を決定しました。図はコロニーPCRで同定した正しい長さのクローンが得られた割合(%)を示しています。また正しい配列のクローンが得られた割合(%、fidelity)は、全長クローンの数に基づいています。


複数の断片を用いたGeneArt Seamless Cloning と Assembly

Strings™ DNA Fragments は 3000 bpまでのフラグメントを提供します。さらに、GeneArt® Seamless アセンブリーテクノロジーでは、2つの1kbまでのStrings™ DNA Fragmentsを直接連結することができます。より多くの、またはより長いフラグメントをシームレスにアセンブリーするならば、サブフラグメントのプレクローニングをすることをおすすめします。そうすれば、アッセンブリー後に正しいクローンを得られたかどうかをスクリーニングするための手間を減らすことができます。あるいは、GeneArt® Type IIs assembly technologyを使うこともできます。

複数の断片を用いたGeneArt Seamless Cloning と Assembly

1kbまでの異なる長さで、適切な末端配列(ベクターまたは隣接する断片と15bp相同)を持つ12 個のStrings™DNAフラグメントを使い、GeneArt® Seamless Cloning & Assembly kit (Cat. No A13288)を用いてダイレクトなアセンブリーを行いました。
得られた6個の遺伝子の長さはそれぞれ1375 bp, 1466 bp, 1536 bp, 1590 bp, 1647 bp および 1853 bpでした。ライゲーションおよびトランスフォーメーション後大腸菌をプレートに移し、37℃で一晩インキュベートしました。得られたコロニーから、16個のコロニーをピックアップし、コロニーPCRで全長クローンを同定しました。さらに、アセンブリーを行った6つの遺伝子については、6個のコロニーをシークエンスして、正しい配列のクローンの数を決定しました。図はコロニーPCRで同定した正しい長さのクローンが得られた割合(%、クローニング効率)を示しています。また正しい配列のクローンが得られた割合(%、fidelity)は、全長クローンの数に基づいています。


Gateway クローニング

Gateway クローニング

attBサイトを備えた1000 bpまでの5種類のサイズのStrings™ FragmentsをpDONR221でクローニングしました。ライゲーションおよびトランスフォーメーション後大腸菌をプレートに移し、37℃で一晩インキュベートしました。得られたコロニーから8個のコロニーをピックアップし、コロニーPCRで全長クローンを確認しました。4~7個のクローン全長をシーケンスして、配列の正しいクローンの数を決定しました 。図はコロニーPCRで同定した正しい長さのクローンが得られた割合(%)を示しています。また正しい配列のクローンが得られた割合(%、fidelity)は、全長クローンの数に基づいています。


よくある質問の答え (FAQs)

Strings™ DNA Fragmentsとは何ですか?

GeneArt® Strings™ DNA Fragments は、最長3,000 bp までの二本鎖DNA断片を提供する受託サービスです。
凍結乾燥品でお届けしますので、再溶解後、すぐにクローニングにご利用いただけます。
多くの信頼と実績を誇る弊社GeneArt®人工遺伝子合成サービスで開発されたプロセスと同様に、GeneArt® Strings™ DNA Fragmentsは人工合成オリゴDNAからPCR増幅を経て作製されます。
Strings™ DNA Fragments は、従来のクローニング法と比べ、手の届きやすい価格にて遺伝子を入手する迅速かつ簡便な代替法です。
また、タンパク質発現用のコドン最適化もWebポータルサイトで無料で対応します。

Strings™ DNA Fragmentsはどのように品質管理をしていますか?

Strings™ Fragmentsは、合成オリゴヌクレオチドからアセンブリーしたアンプリコン(PCR産物)、
つまり遺伝子合成プロセスの中間産物です。
したがってお届けするフラグメントは、クローニングやスクリーニングをすることが必要です。
ご希望の配列のフラグメントが含まれていることを確認するために、
出荷前にフラグメントプールのダイレクトシークエンスによる管理を行っています。

Strings™ DNA Fragmentsはどうやって届けられますか?

Strings™ DNA Fragments は 乾燥状態でお届けしますので、すぐに再溶解させて、クローニングに使えます。
使う前にまずチューブの内容物をスピンダウンしてから、必要な濃度になるようにチューブの底に水を加え、室温で少なくとも1時間(または4℃で一晩)インキュベートすることをおすすめします。
その後、注意して Strings™ DNA Fragmentsを再び溶解させ、すぐに使ってください。
長く保存したいときは、 Strings™ DNA Fragmentsを分注して -20℃で凍結してください。
凍結―融解を繰り返すことは避けてください。

Strings™ DNA Fragmentsはどの長さのものでも納期は同じですか?

いいえ異なります。Strings™ DNA Fragments は150から1000bpまでのものは9営業日~、
1001~3000bpのものは12営業日~でお届けします。
配列の特性により、合成にかかる時間も異なります。

Strings™ DNA Fragmentsはいつでも遺伝子合成より低価格ですか?

はい、そうです。お届けする遺伝子はお客様にてクローニングとシーケンスを行なっていただく必要がございますため、
Strings™ DNA Fragmentsは人工遺伝子合成より低価格でご提供しております。

Strings™ DNA Fragmentsには、注文する際に遺伝子の編集や最適化の機能はありますか?

はい、ございます。
ご注文には、GeneArt®オンラインオーダーシステムをお使いになることをおすすめします。
このサイトでご注文いただくと、必要に応じて遺伝子配列の編集や、タンパク質発現宿主に合わせたコドン最適化ができます。
編集や最適化を行ったら、フラグメントの最終配列がその後のプロセスに必要な通りに的確なものかどうかを再びチェックしてください(クローニングに必要な制限酵素認識配列など)。Gene Optimizerはこちら

Strings™ DNA Fragments の追加オプションとして、
もっと大きな遺伝子にするためのサブクローニングやアセンブリーのサービスは提供していますか?

いいえ、申し訳ございませんがご提供しておりません。
Strings™ DNA Fragmentsは、目的の遺伝子を得るため最も迅速で、手頃な価格の方法を提供することを目指しております。
そのため、サブクローニングやアセンブリーのサービスはご提供しておりません。
もしご自身でのクローニングの手間を省くサービスをお探しの場合には、GeneArt®人工遺伝子合成サービスでのご注文をおすすめします。

遺伝子ライブラリーを構築するために変性オリゴヌクレオチドの使用は可能ですか?

いいえ申し訳ございませんがご提供しておりません。
Strings™ Fragments は、A/C/G/T 塩基のみで合成しています。
ATCG以外のヌクレオチド(たとえばイノシン、ウリジンなど)は対応しておりません。
特異的なDNA残基をランダム化するサービスが必要な場合、Directed Evolution サービスを提供しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

Strings™ DNA Fragmentsをもっと大きな遺伝子を合成するための
アセンブリーに最適なキットは提供していますか?

はい、ございます。ライフテクノロジーズでは、 GeneArt® Type IIs Assembly や
GeneArt® Seamless Cloning and Assemblyなど、シームレスにアセンブリーするための技術を提供しています。
詳細は応用例の欄をご覧ください。
配列の長さやサブフラグメントの数によって、スクリーニングに要する手間が増える場合もあります。
それを減らすため、一般的にはサブフラグメントのプレクローニングを行うことをおすすめしています。

Stringsではすべての配列を合成できますか?

いいえ。Strings™ DNA Fragmentsで合成できるのは 150 - 3,000 bpまでです。
より長い配列でしたら、人工遺伝子合成サービスを利用するか、二つかそれ以上のフラグメントを注文し、ご自身でアセンブリを行っていただくことになります。
また、Strings™ DNA Fragmentsの合成プロセスは、
迅速かつ手ごろな価格で製品を提供できるように 最適化されております。
非常に複雑な配列ですと、Strings™ DNA Fragmentsでは合成できませんというメッセージをお送りする場合もございます。
その際には、以下のような合成基準にあうように配列を修飾していただくか
GeneArt®人工遺伝子合成サービスで注文いただくことをおすすめします。
多くの場合、コドン最適化を行うことで合成が可能になります。
合成基準:GC含量が20~80%(全長配列中の含量でなく、40塩基単位での%含量)であること、長い二次構造や反復配列がないこと、AまたはT連続配列が>25 bp以上ないこと、あるいはGまたはC連続配列>20 bpがないこと


ご希望遺伝子入手方法の比較

  従来のPCR & Cloning 合成 DNA断片 人工合成遺伝子
当社ラインナップ PCR cloning & reagents
GeneArt® Gene Synthesis Kit
GeneArt® Strings™
DNA Fragments
GeneArt® Gene Synthesis 及び
Subcloning Service
特長 コスト管理の徹底
あらゆるステップをご自身で管理可能
迅速かつ安価
簡便な注文方法
フレキシブルな設計
コドン最適化
様々なクローニング法に対応
100% 配列確認
簡便な注文方法
フレキシブルな設計
コドン最適化
クローニング済み
ラボワーク
納期 お客様の状況に依存 約9営業日~ 約4週間~

研究用途にのみご使用ください。診断用には使用できません。