Interact Reference Component

疾病や発達における遺伝子発現調整は、DNA のメチル化、クロマチン構造、ノンコーディング RNA  (ncRNA) のようなエピジェネティクス機構の影響を受けることが多くあります。これらの特性は複雑な調整経路に関っており、その研究には強固なツールが必要です。当社は、サンプル調製、シーケンシング、定量的 PCR、機能解析アッセイ、解析用のバイオインフォマティクスまで、エピジェネティクス研究のための強力な技術を開発してきました。

関連するカテゴリー

シーケンス、qPCR、その他のダウンストリーム解析手法を用いて、DNA のメチル化を局所的、および単一塩基レベルで解析するために最適化されたキットとプロトコルです。

miRNA 機能を解析するためのソリューションです。

ヒストン修飾、クロマチン修飾タンパク質、およびその他のエピジェネティックな相互作用の研究を可能にする製品です。

当社の細胞アッセイおよび生化学アッセイ用の柔軟なツールセットを用いて、エピジェネティック酵素や基質修飾を解析できます。

ノンコーティング RNA の機能解析用試薬。

新しい技術をご紹介し、新しい手法を用いてスピードアップに役立つテクニカルアプリケーションノート、Web セミナー、チュートリアルをご活用ください。

今日のラボで研究者が直面している特有の生物学的および技術的な課題について詳細をご覧ください。

エピジェネティクスラーニングセンター

当社のラーニングセンターでは、遺伝子発現のエピジェネティック調整や研究ワークフローを構築するうえで考慮すべき点について知ることができます。以下の詳細をご覧ください: