精度・感度の高い絶対定量を実現するデジタル PCR です

デジタル PCR は核酸の検出と定量に対する新しいアプローチであり、従来のリアルタイム定量 PCR に代わって、絶対定量や希少対立遺伝子検出を行うことができます。デジタル PCR は、単一の DNA または cDNA サンプルを分割し、平行して PCR 反応を行います。その反応の一部は目的の分子を含み (陽性)、その他の反応は含みせん (陰性)。一つの分子は百万倍かそれ以上に増幅されます。増幅中、TaqMan の化学的要素とともに色素標識されたプローブを用いて、配列特異的なターゲットを検出します。目的の配列が存在しなければ、シグナル増幅しません。PCR 解析が完了すると、陰性反応分画を基にしてサンプル中の目的分子の絶対数が算定されますが、その際に標準や内在性コントロールを必要としません。

ナノ流体チップの使用は、その便利で分かりやすい仕様により、数千もの PCR 反応を同時に実行します。各ウェルには、サンプル、マスターミックス、および Applied Biosystems™ TaqMan™ アッセイ試薬の混合物が充填され、これらを個々に解析し、エンドポイントのシグナルの存在の有無 (陽性または陰性) を検出します。目的配列を含む分子を二つ以上含んでいる可能性のあるウェルには、ポアソンモデルによる補正係数が適用されます。

 

デジタル PCR
デジタル PCR の長所
  • 対照やコントロールが不要
  • PCR 複製の増加による精度の向上が可能
  • 阻害物質に対する高い耐性
  • 複雑な混合物の解析能力
  • 低い増幅量の変化でも直線的な検出が可能
デジタル PCR は高度なアプリケーションに対して可能性を広げます

デジタル PCR の機器や試薬は、既存の TaqMan アッセイの性能を強化し、高い感度、精度、および絶対定量の利点によるアプリケーションを実現します。

シールドチップテクノロジーを用いた絶対定量により、信頼できる方法や正確で感度の高いデータを取得できます。

デジタル PCR を用いた絶対定量に必要な試薬および消耗品をご覧ください。

デジタル PCR アプリケーション

コピー数のわずかな差異を、高い精度で検出および定量できます。

がん研究サンプル中の、低有病率ターゲットの希少変異の検出および定量ができます。

細菌やウイルス量の絶対定量、病原体量の絶対集計ができます。

遺伝子に関する測定や計測学、またはラボ間の比較に用いる絶対参照コントロールを作成します。

参照コントロールを必要としない、NGS ライブラリの絶対定量とシーケンス結果の妥当性検証です。

参照遺伝子を必要とすることなく、転写物の絶対定量において ± 10 % の遺伝子発現の変化を検出します。

食物や飲料水の汚染を介して人間の疾病源となる低量の病原体を検出します。

植物の突然変異や遺伝子組換え生物の高感度検出および絶対定量ができます。

Applied Biosystems™ QuantStudio™ 3D デジタル PCR システム

  • 高い精度と感度で絶対的データを取得—個々の分子の検出と計測
  • シンプルなワークフロー試薬を一度に充填でき、チップベースのシステムからデジタルデータを取得できます
  • お手頃価格なプラットフォーム—デジタル PCR をお手頃なコストですぐに始めることができます
  • 互換性—既存の TaqMan リアルタイム PCR アッセイを利用できます
  • シールドシステム—シールドチップにより試料の移動ステップをなくし、汚染を抑えます
  • ダイナミックで広範囲— 5 log を超える線形性を達成します
  • 直感的な操作— Applied Biosystems™AnalysisSuite™ デジタル PCR ソフトウェアを用いて、タッチスクリーン上でデータを直接確認したり、効率的に解析ができます。

 

リソース

サポート