UX DATA-TRKR Retired - Admins, feel free to remove this reference component.

サーモフィッシャーサイエンティフィックには、膨大な教育資産ライブラリが蓄積されています。このライブラリには、アプリケーションノート、ハンドブックおよびソースブック、web セミナー、ホワイトペーパー、how-to ビデオ、ケーススタディ、サイエンティフィックポスター、製品選択ガイドなどが含まれています。

関心のある情報を探索し見つけるのに役立つように、教育サービスを研究や産業の応用領域別に編成した様々なラーニングセンターに分類しました。このラーニングセンターの目的は、膨大な情報を得るためのいくつかのキーポイントを提供することにより、経験の有無に関わらずあらゆる研究者が当社の数多くのリソースにアクセスできるようにすることです。

タンパク質などの生体分子を同定、位置特定、測定および精製するための抗体の開発、選択、使用に必要な背景知識を得ることができます。

病院、バイオ医薬品企業、および大学・学術研究機関の研究者は、研究を支える最も貴重な生物学的サンプルとそれに関連するデータの収集のため、バイオバンクおよびバイオレポジトリーを活用しています。 

Bioproduction

創薬から大規模な商業生産まで医薬品開発プロセスを拡大するアプリケーションにより、シングルユース技術、細胞培養用培地、精製、分析技術、受託サービスおよびプロジェクトマネジメントなど、当社のリソースはお客様のアウトプットの最大化を支援します。

細胞イメージングや細胞の単離など幅広い技術に関するリソースや、細胞の状態、生存率のアッセイを最大限に活用するための情報をご紹介しています。

様々な株化細胞、培地およびサプリメントシステム、トランスフェクション技術、インキュベーターおよび生物学的安全キャビネット、培養器、凍結保存技術を理解すること (そして効果的に活用すること) が、細胞培養の成功と失敗を左右します。

鉱業事業は、収益性確保のために、探鉱から加工まで、効率性と品質を向上させる必要があります。

信頼性があり、使いやすいソリューション、サービス、およびサポートについて知ることができます。臨床およびトランスレーショナル研究における要求の高いニーズにお応えします。

グローバルビジネスは、大気および水質汚染や放射線に関連した、複雑で常に変化する一連の法的要件に対応する必要があります。当社の空気、水、土壌および放射線分析技術により、信頼性が高く正確で精密な結果を実現し、より簡単にコンプライアンスを達成し、法的リスクを最小限に抑えられます。

フローサイトメトリーの基本技術をご紹介する web セミナー、経験を積んだユーザーに有用な多数の細胞解析アプリケーションを対象とした、フローサイトメトリーの実用性をご紹介するアプリケーションノートなど、フローサイトメトリー向けのリソースをご覧いただけます。

食品の安全性および品質の保証を重視すると、直面する課題も多くなってきます。当社の知識が豊富な社員、革新的な製品および幅広いソリューションにより、お客様には消費者が求める安全で高品質な食品を提供するという本来の取り組みに注力できます。

実質的にあらゆるサンプルに隠されている真実を明らかにするのに役立つ、法医学に関するリソースをご紹介します。DNA、法医毒物学、押収薬物、微量証拠、ドーピング検査などの向上に役立つ最新の情報にアクセスしていただけます。

非常に複雑な経路、DNA 配列、遺伝子、自然の生物学的システムを研究、改良、創造、再現する革新的なゲノムデザインおよびゲノムエンジニアリング技術の多くのリソースをご覧いただけます。

石油およびガス、化学薬品・プラスチックから、鉱物、鉱業、金属に至るまで、工業生産者は、厳格な規制要件を順守しながら品質改善、生産性および費用効果の向上を求められるという、高まるプレッシャーに直面しています。  

質量分析は、HRAM 技術、ハイブリッド型の計測および独創的なワークフローの実装により、同位体の崩壊に対する理解、新しい代謝経路の同定、使用薬物の検査、バイオ医薬品や医薬品の候補物質の選択、そして宇宙探索の支援にも利用されています。質量分析と数多くのアプリケーションの詳細についてはこちらをご覧ください。

病院、製薬会社、食品製造業、または獣医学の現場など、どこで働く微生物学者であっても、微生物学分野をサポートするためのリソースについてはこちらをご覧ください。重要なトピックや技術開発について、専門家、論文および web セミナーをもとに詳細なディスカッションやヒントをご紹介しています。

医薬品とバイオ製品のメーカーは、さらに効率的に新薬候補を発見し開発するという課題に直面している一方で、製造の生産性強化とコスト低減をも迫られています。先進の機器テクノロジーやワークフローは、開発パイプラインの加速と生産プロセスの最適化をサポートします。

タンパク質生物学には、研究の初期段階でフォーカスをあてるタンパク質の構造と機能について研究することに加え、精製、検出および生体システムの特徴づけのツールとして抗体、タンパク質およびペプチドを利用することも含まれます。

幅広い産業、教育、環境および医療市場向けに、迅速で効率的な定性的かつ定量的な分析を提供する技術についてさらに理解を深めることができます。

幹細胞研究は、発生生物学、疾患モデリングおよび細胞治療の分野で非常に大きな可能性を有しており、これらは全て効率的で再現性のある技術を必要とするものです。こちらでご紹介するリソースは、培養、リプログラミング、キャラクタリゼーションおよび分化など、新しいアプローチを利用して選択した細胞タイプの操作を成功させるのに役立つよう構成されています。

合成生物学は、次世代の遺伝子工学ツールで構成されています。合成生物学は、分子生物学とシステム生物学を工学原理と組み合わせ、生体システムやバイオファクトリーを設計します。その目的は、現在および将来の課題に対応できる、より高度な生物学的機能を作り出すことにあります。