ラテックスアレルギー

ラテックスアレルギー

ラテックスアレルギーは、天然ゴムに含まれるラテックスタンパク質がアレルゲンとなり、赤み、かゆみ、じんましんなどの皮膚症状がアレルギー症状として発現します。まれに、アナフィラキシーショックを引き起こします1)-3)

ラテックスは、ゴム手袋、カテーテルをはじめ、麻酔器具、おしゃぶり、ゴム風船など、さまざまなゴム製品に使用されています。

また、ラテックスアレルギーの人は、特定の果物の摂取でアレルギーを発症することがあります。これをラテックス‐フルーツ症候群といいます。
特に栗やバナナ、アボカド、キウイフルーツは、口腔症状からアナフィラキシーまで幅広い症状を誘発することが報告されています4)

原因となる主なアレルゲン

ラテックス

バナナ、アボカド、キウイフルーツ、栗など

アレルギーの受診と検査について詳しくはこちら

アレルギーかも?と思ったら医師に相談しましょう。

日本アレルギー学会運営サイトにて、全国の拠点病院やアレルギー専門医を検索できます。

1)廣門未知子ほか.ラテックスアレルギーによるアナフィラキシーの予防と治療.アレルギー・免疫 2003;10:1176.
2)廣門未知子ほか.小児のラテックスアレルギーとOAS(Oral allergy syndrome)の1症例.アレルギーの臨床 2002;22: 551.
3)池澤善郎ほか.Latex-Fruits Syndrome.アレルギー 2002; 51: 591.
4)一般社団法人アレルギー学会.東田有智監修.アレルギー総合ガイドライン2019.協和企画.2019; 537.

監修医のご紹介

本ウェブサイトの監修医のご紹介、ご担当ページの詳細はこちら

国立病院機構相模原病院海老澤先生のお写真

独立行政法人国立相模原病院

臨床研究センター センター長
海老澤元宏先生

広島市立広島市民病院秀先生のお写真

広島市立広島市民病院 病院長/

広島大学病院 特別顧問
秀道広 先生

横浜市立みなと赤十字病院中村先生のお写真

横浜市立みなと赤十字病院

アレルギーセンター長
中村陽一 先生

日本医科大学付属病院後藤先生のお写真

日本医科大学多摩永山病院 

准教授・部長 
後藤穣  先生