quantStudio-12Kshowcase

The all-in-one qPCR instrument

Combining flexible throughput capabilities with a streamlined workflow, the Applied Biosystems™ QuantStudio™ 12K Flex system takes you from targeted discovery through confirmation and screening, all on a single platform.

Request a quote

Maximum Throughput

Maximize throughput with minimal resources.
Increase your throughput by as much as 32-fold by running 4 OpenArray® plates in a single run on the QuantStudio™ 12K Flex system. It's the equivalent of 32 traditional 384-well qPCR plates or 12,000 data points.

Push your throughput even more.
When equipped with the OpenArray® block, a single 9700 thermal cycler and the QuantStudio™ 12K Flex OpenArray® AccuFill™ System, the QuantStudio™ 12K Flex system can produce up to 110,000 data points or more in an eight-hour day. For those that need the greatest throughput, add the QuantStudio™ 12K Flex Automation Robot and multiple 9700 thermal cyclers, and you can achieve over 2,000,000 data points in a day.

Reduce start up time and hands on time.
Start a 12,000 data point experiment typically in 20 minutes or less.

Scalability

Execute today and plan for tomorrow.

As you scale your experiments and move up in throughput, be assured that TaqMan® Assay sensitivity, specificity, and wide dynamic range are optimized across all QuantStudio™ 12K Flex system block formats.

Even if you just have a few samples/targets to analyze, there is a TaqMan Assay format to fit your research needs.

 

 

Flexibility

Scientist using QuantStudio

Five interchangeable blocks.
Choose and load the thermal-cycling block you need for the experiment at hand (OpenArray® plate, TaqMan® Array Card, 384-well, Fast 96-well, and 96-well blocks).

Provides a seamless switch from qPCR to digital PCR.
Increase the precision and sensitivity of your nucleic acid experiment by switching from qPCR to digital PCR mode using QuantStudio™ Digital PCR kits and DigitalSuite Software with the QuantStudio™ OpenArray® block.

Maximum multiplexing & chemistry options.
Proven fluorescence detection with Enhanced OptiFlex® System (e.g. white light LED and 21 filter combinations for extremely accurate and sensitive data collection.

Integrated analysis and data quality.
Comprehensive software analysis tools for gene expression, genotyping, and digital PCR are available at your fingertips. Laboratory Information Management Systems (LIMS) and features that assist with 21CFR Part 11 compliance are enabled for high-throughput, validated environments.

 

Applied Biosystems® Service Plans:

The QuantStudio™ 12K Flex Real-Time PCR System is supported by:

  • Professional installation
  • Premium training package conducted by Field Scientists
  • Worldwide application, technical and field-training support
 

AB® Complete

AB® Assurance AB® Maintenance
Repair response time (business days) Guaranteed next day:
on-site repairs
Guaranteed 2-day:
on-site repairs
Target 2 day:
remedial repairs
Remote instrument monitoring and diagnostics + + -
Priority phone and email access to instrument
support
+ + +
Instrument operating software upgrades + - -
Instrument qualification services + - -
Planned maintenance + + +
Parts, labor, and travel Included Included Discount with Plus plan

Literature

リアルタイムPCRとデジタルPCR

リアルタイムPCR(qPCR)はPCRの増幅曲線を作成し、その増幅サイクル数(Ct値)の違いを比較することで定量します。そのためサンプル間の濃度差を正確に反映するPCR効率の高いAssay(プライマー&プローブ)が必要となります。
一方、デジタルPCR(dPCR)はPCRが生じた陽性ウェル(陽性比率)をカウントすることで定量するため、リファレンスもしくはスタンダードサンプルとの比較を必要としない、直接的な絶対定量が可能となります。またqPCRと比較するとPCR効率への依存は低くなります。

 

qPCR と dPCR に対応するQuantStudio™ 12K Flex


dPCRは低発現遺伝子の定量や微少変異の検出など、qPCRでは検出が困難なケースに適しています。両技術は異なる特長をもつ技術であり、相互補完的な関係にあるといえます。
QuantStudio™ 12K Flex システムはブロック交換だけで両者を行えるオール・イン・ワンシステムです。qPCRで得られた結果があいまいであったり、解析が困難な場合でもQuantStudio™ 12K Flexなら簡単にデジタルPCRで再検証することが可能です。

デジタルPCRによる絶対定量

 

デジタルPCR(dPCR)はリファレンスもしくはスタンダードサンプルとの比較を必要としない、直接的な絶対定量を可能にします。
デジタルPCRによる絶対定量の精度を検証するため、3人の男性のGenomic DNAをサンプルとし、14番染色体上に存在するRNaseP (Ribonuclease P RNA component H1)とY染色体上に存在するSRY (Sex-determining region Y)をQuantStudio™ 12K Flex システムで定量しました。

サンプルは1ng/μlの原液を2倍および4倍に希釈し(各々0.5ng/μlと0.25ng/μlに調製)、QuantStudio™ 12K Flex システムのOpenArrayでデジタルPCRを行いました。希釈サンプルの増幅の結果より(図1-Aおよび図1-B)、元のサンプル中に含まれるコピー数を算出したところ、RNasePの定量値はおよそ60コピー/μl、 SRY はおよそ30コピー/μlでした(図1-C)。
サンプル液はPCRマスターミックスとTaqManアッセイの反応試薬によって5倍に希釈されているので、元のサンプル1ng中のRNasePのコピー数は300コピー/μLとなります。この結果はGenomic DNA 1ngに含まれる理論値、約333コピーと近似しています。また、Y染色体上のSRYの定量値は14番染色体上のRNasePの約半数を示し、これも理論値と一致することから、デジタルPCRによる絶対定量は非常に高い精度であることがわかります。
さらに、同サンプルを0.1ngから0.0125ng/μLまで、3段階2倍希釈して同様の実験を行ったところ、 0.0125ng/μlでもRNasePとSRYの定量値はおよそ2:1を示し、低濃度領域においても安定したデータが得られることが示されました(図2)。

QuantStudio™ 12K Flex システムのデジタルPCRは、専用のアレイでサンプルあたりのウェル数を自由に選択できる画期的なシステムです。図1および図2のデータでは、1サンプル(1濃度)あたり256ウェル(4サブアレイ x 64ウェル)を使用していますが、実験に求める精度とスループットに合わせて、ウェル数を64~12,288ウェルまで選択できるフレキシブルなデジタルPCRを可能とします。

QuantStudio™ 12K Flex システム

 

図1. RNaseP (Ribonuclease P RNA component H1)とSRY (Sex-determining region Y)のデジタルPCRによる絶対定量
反応液によって5倍に希釈されたサンプル溶液のRNasePはおよそ60コピー/μLであった。これは1ng/μLのゲノムDNAに含まれる理論値333コピー/μLに近似しており、デジタルPCRは非常に精度の高い定量を可能にしていることがわかる。

 

図2. 低濃度サンプル(希釈サンプル)における精度の検証
0.1ngから0.0125ng/サブアレイまで希釈をしてもRNasePとSPYの比率はほぼ一定(2:1)の値を示し、低濃度領域でも高精度な定量が可能であることが示された。

 

詳細についてはこちら

Maximum Throughput

Maximize throughput with minimal resources.
Increase your throughput by as much as 32-fold by running 4 OpenArray® plates in a single run on the QuantStudio™ 12K Flex system. It's the equivalent of 32 traditional 384-well qPCR plates or 12,000 data points.

Push your throughput even more.
When equipped with the OpenArray® block, a single 9700 thermal cycler and the QuantStudio™ 12K Flex OpenArray® AccuFill™ System, the QuantStudio™ 12K Flex system can produce up to 110,000 data points or more in an eight-hour day. For those that need the greatest throughput, add the QuantStudio™ 12K Flex Automation Robot and multiple 9700 thermal cyclers, and you can achieve over 2,000,000 data points in a day.

Reduce start up time and hands on time.
Start a 12,000 data point experiment typically in 20 minutes or less.

Scalability

Execute today and plan for tomorrow.

As you scale your experiments and move up in throughput, be assured that TaqMan® Assay sensitivity, specificity, and wide dynamic range are optimized across all QuantStudio™ 12K Flex system block formats.

Even if you just have a few samples/targets to analyze, there is a TaqMan Assay format to fit your research needs.

 

 

Flexibility

Scientist using QuantStudio

Five interchangeable blocks.
Choose and load the thermal-cycling block you need for the experiment at hand (OpenArray® plate, TaqMan® Array Card, 384-well, Fast 96-well, and 96-well blocks).

Provides a seamless switch from qPCR to digital PCR.
Increase the precision and sensitivity of your nucleic acid experiment by switching from qPCR to digital PCR mode using QuantStudio™ Digital PCR kits and DigitalSuite Software with the QuantStudio™ OpenArray® block.

Maximum multiplexing & chemistry options.
Proven fluorescence detection with Enhanced OptiFlex® System (e.g. white light LED and 21 filter combinations for extremely accurate and sensitive data collection.

Integrated analysis and data quality.
Comprehensive software analysis tools for gene expression, genotyping, and digital PCR are available at your fingertips. Laboratory Information Management Systems (LIMS) and features that assist with 21CFR Part 11 compliance are enabled for high-throughput, validated environments.

 

Applied Biosystems® Service Plans:

The QuantStudio™ 12K Flex Real-Time PCR System is supported by:

  • Professional installation
  • Premium training package conducted by Field Scientists
  • Worldwide application, technical and field-training support
 

AB® Complete

AB® Assurance AB® Maintenance
Repair response time (business days) Guaranteed next day:
on-site repairs
Guaranteed 2-day:
on-site repairs
Target 2 day:
remedial repairs
Remote instrument monitoring and diagnostics + + -
Priority phone and email access to instrument
support
+ + +
Instrument operating software upgrades + - -
Instrument qualification services + - -
Planned maintenance + + +
Parts, labor, and travel Included Included Discount with Plus plan

Literature

リアルタイムPCRとデジタルPCR

リアルタイムPCR(qPCR)はPCRの増幅曲線を作成し、その増幅サイクル数(Ct値)の違いを比較することで定量します。そのためサンプル間の濃度差を正確に反映するPCR効率の高いAssay(プライマー&プローブ)が必要となります。
一方、デジタルPCR(dPCR)はPCRが生じた陽性ウェル(陽性比率)をカウントすることで定量するため、リファレンスもしくはスタンダードサンプルとの比較を必要としない、直接的な絶対定量が可能となります。またqPCRと比較するとPCR効率への依存は低くなります。

 

qPCR と dPCR に対応するQuantStudio™ 12K Flex


dPCRは低発現遺伝子の定量や微少変異の検出など、qPCRでは検出が困難なケースに適しています。両技術は異なる特長をもつ技術であり、相互補完的な関係にあるといえます。
QuantStudio™ 12K Flex システムはブロック交換だけで両者を行えるオール・イン・ワンシステムです。qPCRで得られた結果があいまいであったり、解析が困難な場合でもQuantStudio™ 12K Flexなら簡単にデジタルPCRで再検証することが可能です。

デジタルPCRによる絶対定量

 

デジタルPCR(dPCR)はリファレンスもしくはスタンダードサンプルとの比較を必要としない、直接的な絶対定量を可能にします。
デジタルPCRによる絶対定量の精度を検証するため、3人の男性のGenomic DNAをサンプルとし、14番染色体上に存在するRNaseP (Ribonuclease P RNA component H1)とY染色体上に存在するSRY (Sex-determining region Y)をQuantStudio™ 12K Flex システムで定量しました。

サンプルは1ng/μlの原液を2倍および4倍に希釈し(各々0.5ng/μlと0.25ng/μlに調製)、QuantStudio™ 12K Flex システムのOpenArrayでデジタルPCRを行いました。希釈サンプルの増幅の結果より(図1-Aおよび図1-B)、元のサンプル中に含まれるコピー数を算出したところ、RNasePの定量値はおよそ60コピー/μl、 SRY はおよそ30コピー/μlでした(図1-C)。
サンプル液はPCRマスターミックスとTaqManアッセイの反応試薬によって5倍に希釈されているので、元のサンプル1ng中のRNasePのコピー数は300コピー/μLとなります。この結果はGenomic DNA 1ngに含まれる理論値、約333コピーと近似しています。また、Y染色体上のSRYの定量値は14番染色体上のRNasePの約半数を示し、これも理論値と一致することから、デジタルPCRによる絶対定量は非常に高い精度であることがわかります。
さらに、同サンプルを0.1ngから0.0125ng/μLまで、3段階2倍希釈して同様の実験を行ったところ、 0.0125ng/μlでもRNasePとSRYの定量値はおよそ2:1を示し、低濃度領域においても安定したデータが得られることが示されました(図2)。

QuantStudio™ 12K Flex システムのデジタルPCRは、専用のアレイでサンプルあたりのウェル数を自由に選択できる画期的なシステムです。図1および図2のデータでは、1サンプル(1濃度)あたり256ウェル(4サブアレイ x 64ウェル)を使用していますが、実験に求める精度とスループットに合わせて、ウェル数を64~12,288ウェルまで選択できるフレキシブルなデジタルPCRを可能とします。

QuantStudio™ 12K Flex システム

 

図1. RNaseP (Ribonuclease P RNA component H1)とSRY (Sex-determining region Y)のデジタルPCRによる絶対定量
反応液によって5倍に希釈されたサンプル溶液のRNasePはおよそ60コピー/μLであった。これは1ng/μLのゲノムDNAに含まれる理論値333コピー/μLに近似しており、デジタルPCRは非常に精度の高い定量を可能にしていることがわかる。

 

図2. 低濃度サンプル(希釈サンプル)における精度の検証
0.1ngから0.0125ng/サブアレイまで希釈をしてもRNasePとSPYの比率はほぼ一定(2:1)の値を示し、低濃度領域でも高精度な定量が可能であることが示された。

 

詳細についてはこちら

For Research Use Only. Not for human or animal therapeutic or diagnostic use.