Seminar
Oct 19, 2017 - Nov 02, 2017
東京、大阪
エレメンタルセミナー 2017

毎年ご好評いただいておりますエレメンタルセミナーを本年も開催いたします。お客様のご要望にお応えし、関連技術の展示をゆっくりご覧いただくために開場時間を変更しました。分科会ではパネルディスカッションを通して参加者との交流を深めます。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

PDFダウンロード

 


プログラム

11:30~13:00 展示・お客様相談コーナー
13:00~13:15 ごあいさつ
13:15~13:45 サーモフィッシャーサイエンティフィック元素分析装置ラインナップのご紹介
当社はiCAP TQトリプル四重極ICP-MSの販売を開始いたしました。これにより原子吸光分析装置から高分解能二重収束ICP-MS、同位体比質量分析計まで、あらゆる微量元素分析装置を取りそろえる唯一のメーカーとなりました。新製品iCAP TQを中心に当社の微量元素分析装置の特長をご紹介いたします。
13:45~13:50 休憩
13:50~14:20 【分科会 1-A】パネルディスカッション:元素分析のサンプル前処理 ~あなたならどうする? 前半~
サンプル前処理専門メーカーとのコラボレーション企画。皆様からいただいた疑問・質問にディスカッション形式でお答えします。なかなか聞けない前処理の選択方法や注意点、ノウハウなど原子吸光からICP-MSまで皆様の業務に幅広く役立つ情報を一挙に公開します。
【分科会 1-B】スペクトル干渉回避テクニック~ICP-MS~
ICP-MSの性能を発揮させるために必要なメンテナンス方法をはじめ、想定される干渉例とその除去/低減方法を習得できる30分。明日から実践できるテクニックを揃えました。ぜひ、この機会をお見逃しなく。
14:25~14:55 【分科会 2-A】パネルディスカッション:元素分析のサンプル前処理 ~あなたならどうする? 後半~
サンプル前処理専門メーカーとのコラボレーション企画。皆様からいただいた疑問・質問にディスカッション形式でお答えします。なかなか聞けない前処理の選択方法や注意点、ノウハウなど原子吸光からICP-MSまで皆様の業務に幅広く役立つ情報を一挙に公開します。
【分科会 2-B】高分解能ICP-MS ELEMENT 2/XRソフトウェアデモンストレーション
四重極ICP-MSで本当に干渉が回避できているか心配、干渉に悩まされることから解放されたい方必見。分解能による干渉除去能力をご確認いただけるだけでなく、メソッド作成方法など気になる操作性もご覧いただける30分間のソフトウェアデモも実施します。
14:55~15:25 休憩(展示・お客様相談コーナー)
15:25~15:55 【分科会 3-A】ビギナーのためのトリプル四重極ICP-MS ~30分で習得できる原理と測定テクニック~
干渉除去に効果を発揮するトリプル四重極ICP-MS。30分で装置原理から測定ノウハウまでを解説します。
【分科会 3-B】スペクトル干渉回避テクニック ~ICP発光~
ICP発光で行うべきメンテナンス方法と、非常に悩まされるスペクトル干渉の回避方法の例を交えながらを学べる30分。すぐに活用できる実践的なテクニックを厳選しました。ICP発光ユーザー必見です。
16:00~16:55 【招待講演】分析値の信頼性確保のためにできること-標準物質の使い方と不確かさの評価法
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 計量標準総合センター 無機標準研究グループ 主任研究員 野々瀬菜穂子 様

産総研計量標準総合センターでは化学計測の信頼性確保のために、国内外において様々な活動に取り組んできました。ICP-MSやICP-OESなど高感度・高精度分析装置を利用した標準物質の作成はもちろんのこと、国際的な計量機関の枠組みの中で実施される技能試験への参加、一般ユーザーへの計量計測トレーサビリティの普及など。今回は著者が関わってきた無機系の標準物質(金属標準液および無機材料系)を中心に、その正しい使い方と分析値の不確かさの評価法について分かりやすくお話したいと思います。
16:55~17:00 閉会のあいさつ
17:10~18:15 技術交流会

展示

ポスター番号 タイトル 要旨
1 Gas Exchange Deviceのご紹介
株式会社ジェイ・サイエンス・ラボ
気体試料直接分析を用いた気体分析の特徴からアプリケーションをご紹介します。
2 最新レーザーアブレーションと効果的なオプションのご紹介
株式会社 エス・ティ・ジャパン
CETAC社の213nmおよび193nmおよびFemto秒レーザーアブレーションと元素マッピングやメンテナンス等に効果的なオプションについてご紹介を致します。
3 新型 脱溶媒ネブライザー AridusⅢおよび各種ICPアクセサリーのご紹介
株式会社 エス・ティ・ジャパン
新しくなった新脱溶媒ネブライザー AridusⅢのご紹介の他、オンラインの自動希釈装置やマイクロボリュームのオートサンプラーや各種ネブライザーなどをご紹介致します。
4 元素分析のための酸分解システムと高選択性無機分離剤の使いこなし
ジーエルサイエンス株式会社
微量元素分析に貢献するヒーターブロック分解システムの概要について解説します。 また、高マトリックス試料から目的の微量元素を分離精製する高選択性無機分離剤を利用した自動固相抽出手法について解説いたします。
5 ICP分析関連製品の紹介
株式会社イアス
カーボン製分解ホットプレートや非沸騰型蒸留装置などの前処理に役立つ製品をはじめ、オンライン自動標準液添加装置等測定をサポートする製品まで、ICP分析に役立つ製品を幅広く紹介します。
6 12チャンネル独立型マイクロウェーブ分解装置のご紹介
アステック株式会社
独立した12個のマグネトロンから各サンプルにダイレクトにマイクロウェーブ照射します。
従来の装置では不可能だった異種検同時処理や未知試料の分解メソッド開発に最適です。
さらに、硝酸などの酸は最小3mlから加熱が可能になり、酸からの不純物の影響を最少に抑えICP-MSの測定を改善します。
そして、キャリブレーションされた大容量オートベント機構によって爆発を防止します。
7 標準物質および分析前処理機器のご紹介
西進商事株式会社
ICP-OES/ICP-MS用金属標準液や、さまざまなマトリックス(鉄鋼、非鉄、環境、食品、生体など)の標準物質をご紹介致します。また、常温では困難な樹脂や生体試料の粉砕が可能な凍結粉砕機の実機展示も致します。
8 マイクロ波試料分解装置UltraWAVEのご紹介
マイルストーンゼネラル株式会社
従来のマイクロ波試料前処理装置では不可能だった多品種・多検体サンプルの同時処理を実現した、高性能なマイクロ波試料分解装置『UltraWAVE』をご紹介します。
9 工業材料(有機・無機)分析のための各種分光装置 鉄・アルミ等の金属に加え炭素・窒素・硫黄まで幅広く分析可能な卓上固体発光分光装置(OES)の他、有機・無機化合物、ポリマー、添加剤、微小異物を識別できる赤外(FT-IR)・ラマン分光装置、卓上NMR、電子顕微鏡用アナライザー(EDS)、表面分析装置(XPS)等のカタログを展示します。
10 E1-ClipTipシステム 当システムは通常分注及び連続分注をより正確に、より快適に行えるアプリケーションです。
11 Nalgeneボトル 元素分析用サンプルの汚染を低減する、低溶出なプラスチックボトルをご紹介します。
12 アフターサービスのご案内 当社装置を安心して快適にお使い頂くためのサポート体制についてご案内しております。技術相談コーナーではサービスエンジニアが日頃お持ちの疑問やお困りの点をお伺い致します。お得なキャンペーンや新サービスについてもご紹介しております。どうぞお気軽にお立ち寄りください。 

会場・お申し込み


関連製品