可能な限りの低い検出限界を実現する最高感度

最高の感度と可能な限りの低い検出限界を実現

サプレッサーは溶離液から導電性イオンを除去し、これにより、バックグラウンドのシグナルやノイズを低減しながらが同時に分析物のシグナルを増強します。したがってこれたのサプレッサーは、導電率検出による無機の分析物の測定において可能な限り高い感度と低い検出限界を実現します。

IC および RFIC サプレッサー製品

使用する溶離液、有機溶媒、分析物濃度、マトリックス濃度、IC システムフォーマットに応じて適切なサプレッサーをお選びください。AutoSuppression を備えた Reagent-Free™ イオンクロマトグラフィー (RFIC™) をベースにした電解サプレッサー製品は、Thermo Scientific™ Dionex™ 製品カタログにのみ掲載されています。

この次世代サプレッサーは、大容量、低ノイズ、高背圧耐性、高速起動を実現し、イオンクロマトグラフィーにおける今日のニーズに対応します。最新の電解サプレッサーは汎用性が高く、ほぼ全ての分析スケールの IC アプリケーションに対応します。

炭酸塩ベースの溶離液を使用した陰イオン交換クロマトグラフィー用に設計されたサプレッサーを使用して、陰イオン分離における高い感度と低いノイズを実現できます。

Thermo Scientific™ Dionex™ CES™ 300 キャピラリー電解サプレッサーを使用することで、再生液なしでキャピラリーイオン分離のバックグラウンドベースライン導電率を低減できます。

Dionex CRS 500 サプレッサーは、非常にノイズが低く短時間で起動する化学再生サプレッサーです。その大容量で耐溶媒性のある設計は、複合マトリックスに対応できます。Dionex ACRS-ICE 500 サプレッサーは、複合サンプルまたは高イオン強度サンプル中の有機酸およびアルコールの分析用に最適化されている大容量で耐溶媒性のある設計です。

サプレッサー技術は、イオンクロマトグラフィー (IC) システムの中核を成しています。これまでサプレッサー機能の進化は、連続運転、大容量の実現、使いやすさに焦点が当てられてきました。今後は、これらの指標の最適化を続けるとともに、背圧耐性、ピーク効率、電流効率などのその他の要素の改善にも重点が置かれます。

ホワイトペーパーをダウンロードする ›