飲料水分析

安全な飲料水を確保するための分析ソリューション

飲料水は、米国 EPA 規制の飲料水安全法 (SDWA) に従って、汚染の可能性がある 90 種類を超える物質の検査が必要です。認可された分析方法を使用している地方自治体の水施設および委託研究機関の科学者は、IC、AA、ICP-OES、ICP-MS、GC、GC-MS、LC、LC-MS、および比色分析などのさまざまな Thermo Scientific™ ソリューションを用いて、無機陰イオンおよび陽イオン、金属、放射性核種および有機汚染物などの汚染物質を定期的にモニターしています。以下のさまざまな手法をご参照ください。 

クイックリンク
よく利用されている飲料水分析製品
飲料水分析のカテゴリー

当社の pH、ISE、導電率、溶存酸素測定装置は、その優れた性能で水や液体分析でよく用いられています。Thermo Scientific™ Orion™ ブランドは、液体検知および測定製品を幅広く取り揃えています。

これらのポータブル比色計は、水質分析のニーズに合わせてどこへでも持ち運び可能です。サンプル成分の濃度を測定できる 134 種類のメソッドがプレインストールされています。

ポータブル濁度計は現場に持ち込み、対象を直接測定できます。当社の濁度計は白色光源と赤外光源を備えているため、規制要件への準拠も容易です   

EPA メソッド 300.0 または 300.1 に沿った飲料水中の無機陰イオンの分析に、または硝酸塩、亜硝酸塩、フッ化物、および消毒副産物 (臭素酸塩、亜塩素酸塩) を測定する陰イオン分析に、IC を使用できます。 

EPA 539 に沿ったホルモン、 EPA メソッド 544 および 545 に沿ったミクロシスチンに、LC-MS/MS を使用できます。Orbitrap ベースの LC-MS の性能を利用して、未知の新しい汚染物質の同定・定量を行います。

当社の GC システムおよび GC-MS システムは、揮発性有機化合物 (VOC) や半揮発性有機化合物 (SVOC) など、飲料水中の有機汚染物質の分析に関する法規制遵守に適合するよう調整されています。

EPA メソッド 200.8 は、飲料水中の特定の重金属汚染物質を分析するために ICP-MS を使用します。法規制遵守のために、異なる金属に対して異なるメソッドの使用が必要です。 

米国 EPA メソッド 200.7 は、飲料水中の重金属汚染物質を分析するために ICP-OES を採用しています。法規制遵守を満たすために、異なる金属に対して異なるメソッドの使用が必要です。 

ディスクリート方式分析装置は、比色測定、酵素測定、および電気化学測定の優れた分析性能を実現します。 

価値を創造し、飲料水の安全性の目標を達成するのに役立つこれらのソリューションを活用ください。 

紫外可視 (UV-Vis) 分光光度計の完全なラインアップ。受賞歴を誇るデザインとユーザーフレンドリーなソフトウェアが、定量や純度測定などを支援します。


飲料水分析に日常的に使用されている技法

  濁度計 IC GC、GC-MS LC、LC-MS ICP-OES、ICP-MS
水の濁度
臭気と味
無機陰イオン
微量金属
消毒副産物
有機汚染物質
新たな汚染物質

注目の動画