グリカン分析

グリカンプロファイリング用の完全なソリューション

バイオ医薬品糖タンパク質の複雑なグリコシル化パターンは、バイオ製造プロセスの変化により容易に仕様から逸脱する可能性があります。ICH Q5E や ICH Q6B などのガイドラインを満たすために、メーカーはタンパク質のグリコシル化と薬剤の臨床活性との関係を慎重に特性評価する必要があります。糖タンパク質の完全な分析とは、糖鎖の 1 次構造および修飾部位に関する情報を示すことです。バイオ医薬品のグリカンプロファイリング用の包括的なソリューションをご確認ください。

コミュニティに参加する

よく使用されているグリカン分析製品

グリカン分析のカテゴリー

分析内容 - 製品に含まれているグリコフォームの数はいくつ?インタクトな状態の糖タンパク質の分析を迅速に行います。インタクトグリコフォームの組成をすばやく簡単に測定して、瞬時にプロセスレベルの決定を行います。糖タンパク質の迅速な分離と精密質量分析(HRMS)により、製造プロセスによるグリコシル化の差異を確認できます。

分析内容 -糖タンパク質と糖鎖修飾部位の同定。標準的なペプチドマッピング分析ワークフローと同様、グリコペプチド分析では、Thermo Scientific™ Orbitrap™ ベースの質量分析を使用した電子移動解離(ETD)および衝突誘起解離(HCD)などの高度なMS/MSフラグメンテーション技術により糖鎖修飾部位の情報を得られます。

分析内容-製品に含まれているグリカンの組成。糖タンパク質の構造を測定および理解するためには、存在する各単糖類およびシアル酸を同定して定量する必要があります。シアル酸は、糖鎖の末端にあり、他のタンパク質や受容体と容易に相互作用します。血清中の半減期および免疫原性に影響を与える重要な要素である、バイオ医薬品中のシアル酸の同一性と量を測定することができます。イオンクロマトグラフィー(IC)は、この用途の主力技術であり、標識不要で高感度のシンプルなワークフローを実現できます。


関連する動画


関連するカタログ
Join the sweet revolution in biopharmaceuticals

抗体を含むバイオ医薬品は、疾病に対する有効性、選択性が高く、急速に成長を遂げている薬剤カテゴリーとなっています。これらの大きな分子の複雑な性質は、製薬研究者に新たな課題をもたらします。先進技術プラットフォームに基づいて開発した 4 つのシンプルなワークフローソリューションについてお読みください。