鉱物学および希土類元素分析

携帯型蛍光 X 線分析 (XRF) 技術は、広範な鉱物学および地質探査市場で使用可能で、それらの 1 つに希土類元素 (REE) の採掘があります。REE は、15 種類のランタニドにスカンジウム (Sc) とイットリウム (Y) を加えたものと定義されており、独自の光学的性質と磁気的性質を持つことから、家庭用電化製品、自動車触媒コンバータ、および充電式バッテリの重要な要素です。

REE は純粋な形ではめったに存在しません。それらは通常複数の鉱物に濃縮されており、各鉱物はコストのかかる異なる抽出技術と選鉱を必要とします。地球化学探査は、REE 探査の主要な方法です。REE のプロジェクトタイプによって、Thermo Scientific™ Niton™ XRF 分析計は、あらゆる種類の地質学的試料中の REE および他の要素のリアルタイム、オンサイト分析を提供する有益な装置です。

Niton 分析計は、ランタン (La)、セリウム (Ce)、プラセオジム (Pr)、およびネオジム (Nd) を含む、軽希土類 (LREE) の分析に不可欠なツールです。トリウム (Th) およびイットリム (Y) などの REE 含有鉱物に関連する他の元素も分析できます。これらの元素、特に Y からの選鉱を用いることで、Y 含有ホスト鉱物に通常関連する重質 REE (HREE) の選鉱を推測することが可能です。

さまざまな種類の鉱石の測定、マッピング、および特性評価に Niton 分析計が使用される他のアプリケーションを以下に示します。

鉄鉱:鉄鉱のペナルティ元素は鉱石品位全体を希釈し、選鉱の効率を低下させます。Niton 分析計は、鉄鉱石および他の主要成分金属鉱床 (Fe、Cu、Pb、Zn、Ni、Co) の組成を測定することができる。

ボーキサイト:シリコン (Si) や鉄 (Fe) などのペナルティ元素を測定することで、アルミニウム鉱石の主要供給源であるボーキサイトを品位評価する能力は、ボーキサイト採掘作業の生産性に重要です。GOLDD 技術を搭載した Niton 分析計は、ボーキサイト分析をより正確かつ効率的に行います。

白金族元素の金属 (PGMs):PGM を含む貴金属は、Niton 分析装置を使用して直接検出することができます。パスファインダー元素に携帯型 XRF を使用することで、白金、パラジウムおよび金の高濃度のゾーンをうまく配置することも可能です。

タンタル (Ta) およびスズ (Sn): これらの元素は高性能テクノロジー製品に広く使用されています。Niton 分析装置は、これらの金属の高い取引価値に対応するために必要な高速分析を実現します。 

Niton 分析装置を利用しやすくし、収益性のある対象を見つける方法を学ぶことができます。

デモを希望する

よく利用されている携帯型の分析計

岩石サンプル調製の関連動画

サンプル調製

Thermo Scientific の現地サンプル調製装置がどのように結果を向上させるかをご覧ください。