原子吸光分析(AAS)

品質とコストパフォーマンスに優れた原子吸光分析

iCE 3000 シリーズ AAS は、幅広いサンプルに含まれる元素の簡単な測定を可能にします。フレームアトマイザーは高濃度サンプルの測定に最適です。ファーネスアトマイザーでは、ppb 以下の検出が可能です。ストックデール光学系を備えたこのデュアルアトマイザーシステムは、独自のクワッドライン重水素光源による高度なバックグラウンド補正とオプションのゼーマン補正の組み合わせにより、正確な分析を確保します。

お問い合わせ

関連する原子吸光分析装置

フレーム分析

もっとも使われている技術であるフレーム AAS は、装置がコンパクトで安価な分析が可能で、測定対象物の液体サンプルや溶液サンプルに最適です。エアロゾルプロセスにより、サンプルのわずかな部分しかフレームに到達しないため、フレーム AAS は比較的高い干渉除去性を提供し、信頼性の高い精度を得られます。一部の元素の mg L−1 レンジ以下の微量元素分析に最適です。iCE 3000 シリーズ AAS フレーム機器は、60 を超える元素で広い検出能力が求められるラボに最適な分析ソリューションを提供し、高速かつ堅牢で信頼性の高い分析を実現します。

  • 自己較正式モノクロメーターと自動位置調整ランプにより、最適な光学スループットを確保し、最高の感度を実現
  • 堅牢なバーナーにより、分析困難なサンプルでも幅広い分析を実現
  • 全自動のガスコントロールが再現性の高いフレーム条件と安全性を確保
  • 日常の分析に組み込まれたフレーム最適化ルーチンにより、最適なパラメーターを確保

ファーネス分析

ファーネス AAS は非常に安定性の高い分析法で、低容量の液体サンプルの分析も可能です。ファーネス AAS は複雑なマトリックスをルーチンで測定するラボに理想的です。非常に効率的な干渉除去能力を有し、フレーム AAS よりも数桁高い感度を示すため、微量元素を µg L−1、一部の元素はそれ以下のレンジで測定可能です。

iCE 3000 シリーズ AAS のファーネス専用アトマイザーは、低濃度サンプルの無人分析を可能にします。ウィザード式のワークフローによりメソッド開発のプロセスがサポートされ、個別の分析に応じて最適なパラメーターを確保し、分析が簡略化されます。

  • グラファイトファーネステレビジョン(GFTV)により、サンプル注入に関する重要な情報を収集し、最適化を実現
  • ワークフローに応じて、オートサンプラー内での標準物質、サンプル、修飾剤の使用や配置を構成
  • キュベット加熱の自動光学制御により、再現性の高い加熱を確保し、ドリフトを排除
  • 長い寿命とプラットフォームキュベットにより、サンプルタイプに応じた最大限のキュベット寿命を確保

フレーム分析

もっとも使われている技術であるフレーム AAS は、装置がコンパクトで安価な分析が可能で、測定対象物の液体サンプルや溶液サンプルに最適です。エアロゾルプロセスにより、サンプルのわずかな部分しかフレームに到達しないため、フレーム AAS は比較的高い干渉除去性を提供し、信頼性の高い精度を得られます。一部の元素の mg L−1 レンジ以下の微量元素分析に最適です。iCE 3000 シリーズ AAS フレーム機器は、60 を超える元素で広い検出能力が求められるラボに最適な分析ソリューションを提供し、高速かつ堅牢で信頼性の高い分析を実現します。

  • 自己較正式モノクロメーターと自動位置調整ランプにより、最適な光学スループットを確保し、最高の感度を実現
  • 堅牢なバーナーにより、分析困難なサンプルでも幅広い分析を実現
  • 全自動のガスコントロールが再現性の高いフレーム条件と安全性を確保
  • 日常の分析に組み込まれたフレーム最適化ルーチンにより、最適なパラメーターを確保

ファーネス分析

ファーネス AAS は非常に安定性の高い分析法で、低容量の液体サンプルの分析も可能です。ファーネス AAS は複雑なマトリックスをルーチンで測定するラボに理想的です。非常に効率的な干渉除去能力を有し、フレーム AAS よりも数桁高い感度を示すため、微量元素を µg L−1、一部の元素はそれ以下のレンジで測定可能です。

iCE 3000 シリーズ AAS のファーネス専用アトマイザーは、低濃度サンプルの無人分析を可能にします。ウィザード式のワークフローによりメソッド開発のプロセスがサポートされ、個別の分析に応じて最適なパラメーターを確保し、分析が簡略化されます。

  • グラファイトファーネステレビジョン(GFTV)により、サンプル注入に関する重要な情報を収集し、最適化を実現
  • ワークフローに応じて、オートサンプラー内での標準物質、サンプル、修飾剤の使用や配置を構成
  • キュベット加熱の自動光学制御により、再現性の高い加熱を確保し、ドリフトを排除
  • 長い寿命とプラットフォームキュベットにより、サンプルタイプに応じた最大限のキュベット寿命を確保