OEA 装置

1 台で全アプリケーションを処理する装置で、一歩先行く元素分析を実現

炭素、水素、窒素、硫黄および酸素の定量における、最も優れた簡易性、正確性およびコストパフォーマンスを体験してください。FlashSmart™ 元素分析計 の設計には、数十年に及ぶ経験とともに、有機元素分析計 (OEA) の開発における当社の絶え間ないイノベーションが活かされています。柔軟性の高い分析計として、世界中の公的機関で承認され、世界的に認められた技術を使用して、信頼性の高い、高速かつ正確な分析ソリューションを幅広い業界に提供しています。

フラッシュ燃焼の優れたソリューション
  • CHNS と酸素の熱分解の同時フラッシュ燃焼
  • 優れたモジュール方式
  • 分析 1 回当たりのコストを削減
  • 自動、高い柔軟性、高速
  • 正確性と再現性
  • レポートの自動作成と表示

OEA 装置に関する詳細 ›


有機元素分析装置選定表

サンプル調製の難題を解消し、危険物質を排除します。滴定計算機はもう必要ありません。Thermo Scientific™ FlashSmart シリーズ元素分析装置のシンプルな設計は、日々課題に直面しているユーザーが毎日の生産性とスループットを向上させるのに役立ちます。 

CHNS/O 分析装置の構成

炎光光度検出器 (FPD) を使用して、分析および微量硫黄の測定を実行できます。

NC/土壌分析装置の構成

土壌、堆積物、またはろ過生成物に含まれる窒素と炭素を迅速に分析できます。同じ分析装置を使用して硫黄を測定することもできます。

窒素/タンパク質分析装置の構成 

品質認定を受けた食品標準物質を使用して食品と動物飼料に含まれる粗タンパク質を測定します。

HT/IRMS 分析装置の構成

燃焼を使用して C、N、S 同位体を分析し、高温還元で H、O 同位体を分析します。


関連する OEA アプリケーション

過去数年間に土壌と植物の試験の重要性が増しましたが、従来の方法の多くは、サンプル調製に時間がかかり、環境的に有害な試薬を使用するため、もはやルーチン分析に適していません。また、肥料の化学組成の分析は、農学における調査および品質管理のために重要です。肥料の製造工程で使用されている試験の 1 つに窒素含有量の測定があります。これらのアプリケーションとその他の多くのアプリケーションで、有機元素分析技術は、環境サンプルの CHNS/O をキャラクタリゼーションするための効率的な分析技術のニーズを満たします。

Food market globalization demands more accurate quality control of product characteristics, in order to protect commercial value, to safeguard consumer health and manufacturer reputation. Official regulations establish protein content and labeling requirements which enable consumers to compare price and quality. For this reason the organic elemental analysis technique, based on the Dumas (combustion) method is recognized by international associations as an alternative to the classical Kjeldahl method, for more precise, compliant and automated analysis.

潤滑剤、オイル、ポリマー、プラスチック、カーボンブラックなどの一般的な生産工程では、品質管理のために含有元素が定期的に監視およびテストされています。産業サンプルの含有物の量は、汚染物質や、環境、人間に有害な可能性のあるその他の副産物を計算するために必要とされます。有機元素分析技術により、先進的なラボの標準的な要求に加え、再現性に関する国際的な方法に従うことができます。

有機化合物の化学的キャラクタリゼーションは、製薬の研究および品質管理の目的で、合成、分離、精製、構造同定のすべての工程で非常に重要な役割を果たします。製造工程で使用されている試験の 1 つに有機元素組成の測定があり、物質のキャラクタリゼーションが定期的に監視されます。厳格な品質管理を最初に実施するのは原材料のサプライヤーです。有機元素分析技術により、正確かつ迅速な分析を最高の再現性で実施することができます。 

過去数年間に土壌と植物の試験の重要性が増しましたが、従来の方法の多くは、サンプル調製に時間がかかり、環境的に有害な試薬を使用するため、もはやルーチン分析に適していません。また、肥料の化学組成の分析は、農学における調査および品質管理のために重要です。肥料の製造工程で使用されている試験の 1 つに窒素含有量の測定があります。これらのアプリケーションとその他の多くのアプリケーションで、有機元素分析技術は、環境サンプルの CHNS/O をキャラクタリゼーションするための効率的な分析技術のニーズを満たします。

Food market globalization demands more accurate quality control of product characteristics, in order to protect commercial value, to safeguard consumer health and manufacturer reputation. Official regulations establish protein content and labeling requirements which enable consumers to compare price and quality. For this reason the organic elemental analysis technique, based on the Dumas (combustion) method is recognized by international associations as an alternative to the classical Kjeldahl method, for more precise, compliant and automated analysis.

潤滑剤、オイル、ポリマー、プラスチック、カーボンブラックなどの一般的な生産工程では、品質管理のために含有元素が定期的に監視およびテストされています。産業サンプルの含有物の量は、汚染物質や、環境、人間に有害な可能性のあるその他の副産物を計算するために必要とされます。有機元素分析技術により、先進的なラボの標準的な要求に加え、再現性に関する国際的な方法に従うことができます。

有機化合物の化学的キャラクタリゼーションは、製薬の研究および品質管理の目的で、合成、分離、精製、構造同定のすべての工程で非常に重要な役割を果たします。製造工程で使用されている試験の 1 つに有機元素組成の測定があり、物質のキャラクタリゼーションが定期的に監視されます。厳格な品質管理を最初に実施するのは原材料のサプライヤーです。有機元素分析技術により、正確かつ迅速な分析を最高の再現性で実施することができます。 

Featured video

Expand your CHNS/O analysis with over 20 configurations in one system with the Thermo Scientific FlashSmart Elemental Analyzer (EA), making analysis easier in application fields ranging from agronomy to environmental science to pharmaceuticals - and beyond.


Switch from Helium to Argon Carrier Gas
Eliminate the risk - switch from helium to argon carrier gas

With worldwide helium shortages and subsequent cost increases, ensure your lab can continue analyzing nitrogen and carbon by making the switch to Argon. Key advantages of using argon as a carrier gas:

• Argon is readily available • Simple return to helium
• Up to 50% lower cost than helium • Comparable results with He carrier gas

Order the argon kit 

リソース

カタログ

スマートノート

テクニカルノート