従来のクローニングに比べ、より迅速で高効率に組換え体を生産できます。

  • 発現ベクターにも直接クローニングできます。
  • Invitrogen™ Gateway™ クローニングシステムのエントリークローン作製も可能です。また、ゲノム又はライブラリーの配列解析にも適しています。

ご提供いただくもの

  • PCR 増幅用テンプレート(polyA(+) RNA , total RNA , cDNA , cDNAライブラリー , プラスミド DNA , ゲノム DNA)
    polyA(+) RNA , total RNA は逆転写反応し(別料金)、得られた cDNA をテンプレートとして用います。
  • 目的遺伝子の配列情報、またはデータベース Accession No.

基本作業・期間

目的遺伝子の増幅 プライマー設計及び合成 ご指定いただいた配列のプライマーを合成し、PCR反応を実施します。目的遺伝子に方向性を持たせる場合は、5’側のプライマーにCACCの配列を付加します。 1週間
PCR
クローニング 増幅産物の精製 PCR 産物の精製後、ご指定いただいたTOPOベクターへクローニングします。 2週間
TOPO反応
大腸菌形質転換 PCR または制限酵素処理により、得られたクローンのインサートの長さを確認します。
インサートチェック
組換え部位の配列確認 ベクター側からインサートの方向へ 1 反応ずつ(両末端)の配列解析を行い、クローニングの成否を確認します。
配列解析 インサート全長配列解析 目的の遺伝子配列と完全に一致しているかを確認します。 2週間
  • Gatewayシステム対応のInvitrogen™ TOPO™ もございます
  • Invitrogen™ TA Cloning™ をご希望のお客様はお問い合わせ下さい