有効性と柔軟性の高いフローサイトメーター

  • 所要時間を短縮—データ品質を維持したまま10倍に高速化します。
  • 簡潔なサンプル調製—洗浄不要・溶血不要オプションによる目詰まり防止型の流体工学を採用しています。
  • ユーザー独自の用途に対応—あらゆる細胞型とサンプルを扱う複雑なプロトコルに対応します。
  • 柔軟性— 最大4種のレーザー、Violetレーザー6チャンネル対応

資料請求・デモについてのお問い合わせはこちら  製品を3Dで見る


最大4種のレーザーと14色を備えたモジュール式デザイン

Invitrogen™ Attune™ NxT flow cytometerは、 現在あなた実行中のパネルにも適合するように、フローサイトメトリー用として一般性の高い蛍光色素と蛍光タンパク質に対応する仕様となっています。オプションの561 nmレーザーを用いると、多数の蛍光タンパク質を検出することができます。はじめにシステム構成の設定をする場合、あるいは後でアップグレードする場合いずれにおいても、研究ニーズに応じていつでもAttune NxT flow cytometerを拡張させることができます。


Attune NxT flow cytometerの構成オプション

Lasers Laser configuration
(Cat. No.)
Lasers included, No. of detection channels Total detection channels*
Violet, 405 nm Blue, 488 nm Yellow, 561 nm Green,
532 nm
Red, 637 nm
1 Blue
(A24864)
Available as upgrade†
4
Available as upgrade† Available as upgrade† Available as upgrade† 6
2 Blue/green
(A28995)
Available as upgrade†
3
 
4
Available as upgrade† 9
Blue/yellow
(A24861)
Available as upgrade†
3
4
  Available as upgrade† 9
Blue/red
(A24863)
Available as upgrade†
4
Available as upgrade† Available as upgrade†
3
9
Blue/violet
(A24862)
4
4
Available as upgrade† Available as upgrade† Available as upgrade† 10
Blue/violet 6
(A29002)
6
3
Available as upgrade†   Available as upgrade† 11
3 Blue/green/red
(A28997)
Available as upgrade†
3
 
4
3
12
Blue/red/yellow (A28993) Available as upgrade† 3 4   3 12
Blue/green/violet
(A28999)
4
3
 
4
Available as upgrade† 13
Blue/violet/yellow (A24859)
4
3
4
 
Available as upgrade† 13
Blue/red/violet
(A24860)
4
4
Available as upgrade† Available as upgrade†
3
13
Blue/red/violet 6
(A29003)
6
3
Available as upgrade†  
3
14
4 Blue/red/violet/green
(A29001)
4
3
 
4
3
16
Blue/red/yellow/violet
(A24858)
4
3
4
 
3
16
Blue/red/yellow/violet 6
(A29004)
6
2
3
 
3
16
*表中の検出チャンネルの各数量には、 前方散乱光および側方散乱光チャンネルだけでなく、全ての蛍光チャンネル数も含まれています。
† お手持ちのAttune NxT flow cytometerのレーザーのアップグレードをご希望される場合は、以下より各お見積りをご依頼ください: イエローレーザーのアップグレードバイオレットレーザーのアップグレード、または レッドレーザーのアップグレード。 お客様から見積りのお問合せを頂き次第、弊社テクニカルセールスよりアップグレードオプションに関するご案内をいたします。


処理時間を短縮—データ品質はそのままに、10倍に高速化

アコースティックアシストによるハイドロダイナミックフォーカシングを活用するAttune NxT flow cytometerは、サンプルのスループットレートが12.5 µL/min~1 ml /min、または12.5~1,000 µL/minに達し、従来型のハイドロダイナミックフォーカシングシステムよりも最大10倍まで高速化します。また、1秒間あたりに最大 35,000個分のイベントデータを取得できます。

Attune NxT Cytometerと他社製機器の速度を比較した棒グラフ

Attune NxT Flow Cytometerは、3種類の他社製機器に比べてわずかな所要時間で100万個のイベントを取得しています。  各機器の最大サンプル流速(Attune NxT Cytometerでは1,000 µL /min)で、フローサイトメーターをランして得られたプロトコル時間をデータで示しています。

詳細データを見る

 


6種類のサンプル流速で近似CV値を示した表

Attune NxT Flow Cytometerは、高サンプル流速時でもデータ変動を最小限に抑えます。 Jurkat細胞を固定化し、ヨウ化プロピジウムで染色して、RNaseで処理し、さらにAttune NxT flow cytometerにより濃度1 x 106細胞/ mLで解析を行いました。 G0/G1およびG2/ M期の細胞の変動係数(CV値)は、サンプル流速に関わらず、1,000 μL/minの最大サンプル流速でも一貫性を保ちます。


洗浄不要・溶血不要オプションにより、サンプル調製を簡略化

アコースティックフォーカシングの効力によりサンプル流速が非常に高くなるため、サンプル調製を簡略化し、プロトコル所要時間を短縮させて、細胞損失を最小限に抑えることができます。本機器のこうした特性は、全血を用いた洗浄不要・溶血不要のイムノフェノタイピングプロトコル、および脳脊髄液や幹細胞などの本質的に細胞濃度の低いサンプルに有用となります。

従来型のハイドロダイナミックフォーカシングサイトメーターを用いた10ステップに対して、Attune flow cytometerによる3ステップのイムノフェノタイピングのフローチャートを比較したグラフ

Attune NxT flow cytometerは、処理程度を最小限に抑えられたサンプルを用いてイムノフェノタイピングを実行できるため、サンプル調製プロトコルに要する10ステップを手軽な3ステップに軽減させることができます。

詳細データを見る


ユーザー独自のアプリケーションに対応

新たな結果の優劣は、各自の実験デザイン能力や、詳細データおよびスループット処理能力の高い機器性能に依るところが大きくなります。Attune NxT flow cytometerは、より複雑な実験需要に応える仕様となっており、ユーザー環境に合わせて着実に発展するシステムにより信頼性の高いデータを産出します。

データを見る

  Attune NxT flow cytometerから生成された散布図の画像

Attune NxT flow cytometerのバーチャルデモ*


* Chrome、Firefox、Safari、Opera、およびInternet Explorer 11 以降に対応します

動画シリーズ「Meet the Inventor」

Attune Cytometerに関する動画をもっと見る ›

Attune NxT flow cytometerの機器仕様

物理的特性 設置面積(高さ×幅×奥行): 約40 cm× 58 cm× 43 cm
重量:約29 kg
作動温度: 15~30°C
作動湿度: 10~90%、 結露なし
電気要件: 100~240 VAC、50/60 Hz、 150 W未満
可聴ノイズ:1.0メートルで65 dBA未満
光学特性 光学的レイアウトは、装置のレーザーシステム(1~4から選択)によって異なります。
励起

レーザー出力:
◼ ブルーレーザー:488 nm, 50 mW
◼ バイオレットレーザー:405 nm, 50 mW
◼ レッドレーザー:637 nm, 100 mW
◼ イエローレーザー:561 nm, 50 mW

レーザープロファイル: アライメントの必要性を最小限に抑えたフラットトップレーザー
フローセル: 1.2 NA集光レンズにゲル接合したクオーツキュベット
アライメント:ユーザーによるメンテナンス不要の固定アライメント
発光特性 前方散乱光: 488/10バンドパスフィルタ搭載のフォトダイオード検出器
側方散乱光: 488/10バンドパスフィルタ搭載のPMT
発光フィルター:ユーザーによる変更可能な変調フィルター
PMTには最大14色チャンネル
流体特性 サンプルレート:12.5–1,000 μL/ min
サンプル移動: 容量分析のためのポジティブディスプレイスメントシリンジポンプによる移動
サンプル量:20 μL–4 mL
液体保管: 全ての液体は、常時水位レベルセンサー付きで機器本体内に格納されます
標準流体タンク: 1.8 Lフォーカシング溶液タンク、1.8 L廃液タンク、175 mLシャットダウン溶液タンク、および175 mLウォッシュ溶液タンク
外付けタンクオプション:オプション設定の10 L溶液タンク
公称流体消費量: 1日あたり1.8 L
サンプルチューブ:17 x 100 mm~8.5 x 45 mmの範囲のチューブサイズに対応
ワークステーション オペレーティングシステム: Windows® 7 SP1
プロセッサ: Intel® Core™ i7
RAM: 16 GB
コンピューター: ミニタワー型デスクトップパソコン
ハードドライブ 80 GB以上で250 GBのRAID対応
モニター: 23インチフラットパネル(解像度:1920×1200)、デュアルモニター機能対応
ソフトウェア ◼ Attune NxTソフトウェア
◼ Romlockライセンスが必要となります
ソフトウェア機能 コンペンセーション:完全自動モードおよび手動補正モードを装備
機器トラッキング: Levey-Jenningsプロットによる自動ベースラインとパフォーマンステスト
自動メンテナンス:≤15分の起動とシャットダウン
最大イベントファイル: 2,000万ファイル
ヒートマップ:チューブとプレートの可視化
SmartGate™ラベル: Quad
統計:カスタマイズされた統計情報を作成(濃度など)
ファイル形式: FCS 3.1 (保存)
グラフィック解像度印刷や論文発表に使用できる高品質な画像を作成
ユーザーアカウント管理:ユーザーログによる管理者用および個人用アカウント
ゲート: スタンダードゲートおよびカスタマイズ可能なゲート
Thermo Fisher Cloud コンピューターからクラウドにファイルを保存
性能 データ収集速度:最大35,000イベント/秒
粒子サイズ: 0.5~50 μm
蛍光感度:

◼ ≤ 80 MESF FITC
◼ ≤ 30 MESF PE
◼ ≤ 70 MESF APC
蛍光解像度 CEN染色したヨウ化プロピジウムのシングルピーク:CV値 3%未満
前方散乱光と側方散乱光 ◼ ノイズから血小板を識別することができます
◼ 溶解した全血中のリンパ球、単球、および顆粒球を分解するよう最適化されています

自動コンペンセーション機能付きのシンプルかつ高性能なソフトウェア

Attune™ NxT Softwareは、直感的な操作性と扱いやすさ備えたインターフェイスを利用しながら、強力なデータ収集と解析が行える仕様となっています。本機器ソフトウェアの機能と特徴:

  • コンペンセーション—完全自動モードおよび手動補正モードを装備
  • 装置トラッキング —全チャンネルとリニアリティに関する自動化ベースラインとパフォーマンステスト
  • 自動メンテナンス —起動(15分未満)、シャットダウン、リンス、ウォッシュ、デバブル、ディープクリーン、
    毎月1回のデコンタミネーション
  • ユーザーアカウントの管理—ユーザログには、管理者用と個人用のアカウントがあります
  • ゲート—スタンダードゲートおよびカスタマイズ可能なゲート
  • プロットプレビュー—ワークスペースの設定が簡単に行えます
  • フィルムストリップビューを拡大—ゲートやプロット属性の設定の際、見やすくなりプロットナビゲーションが簡単に行えます
  • ファイル形式—FCS 3.0およびFCS 3.1
  • グラフィック解像度—印刷に使用できる高品質の画像を作成(カスタマイズ可能)

Attune NxT flow cytometerソフトウェアの詳細情報

ウォークアウェイオートメーション

Attune NxT flow cytometer対応オプションのアクセサリーであるAttune NxT Autosamplerは、最大384個までのサンプルを迅速に処理することができます。

Attune NxT Autosamplerの詳細情報

サイエンスポスター

Attune Acoustic Focusing Cytometerによる高感度アプリケーション
Bill Telford氏(Experimental Transplantation and Immunonology Branch's FACS Core Facility at CYTO 2012の所長)による提供。
Attune® Acoustic Focusing Cytometerを利用したマラリア研究
Grace Chojnowski氏(Queensland Institute of Medical Research at CYTO 2012のフローサイトメトリーおよびイメージング施設マネージャー)による提供。
Acoustic Focusing Flow Cytometryおよび細胞膜浸透性DNA色素を用いた、残留白血球計数のための新たなNo-Wash, No-Lyse法
José-Enrique O'Connor氏(Laboratory of Cytomics at Centro de Investigación Príncipe Felipe at CYTO 2012所長)による提供。
Ultrasmall And Beyond:Acoustic Focusing Cytometryによる、食虫植物種のNuclear Holopoloidゲノムサイジング
フローサイトメトリーは、植物Holoploid核ゲノムサイズ(C値)を定量するための迅速かつ正確な方法として、広く一般的に利用されています。
Acoustic Cytometryを用いた、リン酸化タンパク質の検出
マルチパラメータのフローサイトメトリーは、細胞シグナル伝達経路を調べるための重要なツールとなります。このアコースティックフォーカシングテクノロジーを適用すると、サンプル流速を遅くすることができます。
Acoustic Focusing Cytometry: 感度およびスループット
Acoustic Focusing Cytometryを用いて、サンプル流速による感度の変化について検証を行いました。Applied Biosystems® Attune® Acoustic Focusing Cytometerを用いて、標準的なアッセイを行いました。
Acoustic Flow Cytometryによる、マルチカラーイムノフェノタイピング解析
アコースティックフォーカシングによって、細胞照射時間が長くなり、かつスループットが高くなるため、データ収集速度を維持したまま希釈サンプル解析の精度を高めることができます。
ヒト角膜輪部から分離された幹細胞の同定および初期特性評価
輪部幹細胞は、創傷の治癒中や角膜の修復中に角膜を再構成する前駆体細胞として知られています。基底領域における輪部幹細胞によって、トランジット増幅(TA)細胞が生成します。
Acoustic Cytometryを用いたレアイベントの検出
レアイベントの検出(全細胞の5%未満を構成する細胞集団として定義される)には、幹細胞、微小残存病変細胞、四量体、NKT細胞、および胎児母体出血細胞が含まれます。
Acoustic Cytometry による、PNH細胞の希少イベントの検出
フローサイトメトリーは、発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)を検出する用途に一般的に利用されており、計測装置の技術改良により実現されます。

アプリケーションノート

Attune NxT flow cytometerのバーチャルデモ*


* Chrome、Firefox、Safari、Opera、およびInternet Explorer 11 以降に対応します

動画シリーズ「Meet the Inventor」

Attune Cytometerに関する動画をもっと見る ›

Attune NxT flow cytometerの機器仕様

物理的特性 設置面積(高さ×幅×奥行): 約40 cm× 58 cm× 43 cm
重量:約29 kg
作動温度: 15~30°C
作動湿度: 10~90%、 結露なし
電気要件: 100~240 VAC、50/60 Hz、 150 W未満
可聴ノイズ:1.0メートルで65 dBA未満
光学特性 光学的レイアウトは、装置のレーザーシステム(1~4から選択)によって異なります。
励起

レーザー出力:
◼ ブルーレーザー:488 nm, 50 mW
◼ バイオレットレーザー:405 nm, 50 mW
◼ レッドレーザー:637 nm, 100 mW
◼ イエローレーザー:561 nm, 50 mW

レーザープロファイル: アライメントの必要性を最小限に抑えたフラットトップレーザー
フローセル: 1.2 NA集光レンズにゲル接合したクオーツキュベット
アライメント:ユーザーによるメンテナンス不要の固定アライメント
発光特性 前方散乱光: 488/10バンドパスフィルタ搭載のフォトダイオード検出器
側方散乱光: 488/10バンドパスフィルタ搭載のPMT
発光フィルター:ユーザーによる変更可能な変調フィルター
PMTには最大14色チャンネル
流体特性 サンプルレート:12.5–1,000 μL/ min
サンプル移動: 容量分析のためのポジティブディスプレイスメントシリンジポンプによる移動
サンプル量:20 μL–4 mL
液体保管: 全ての液体は、常時水位レベルセンサー付きで機器本体内に格納されます
標準流体タンク: 1.8 Lフォーカシング溶液タンク、1.8 L廃液タンク、175 mLシャットダウン溶液タンク、および175 mLウォッシュ溶液タンク
外付けタンクオプション:オプション設定の10 L溶液タンク
公称流体消費量: 1日あたり1.8 L
サンプルチューブ:17 x 100 mm~8.5 x 45 mmの範囲のチューブサイズに対応
ワークステーション オペレーティングシステム: Windows® 7 SP1
プロセッサ: Intel® Core™ i7
RAM: 16 GB
コンピューター: ミニタワー型デスクトップパソコン
ハードドライブ 80 GB以上で250 GBのRAID対応
モニター: 23インチフラットパネル(解像度:1920×1200)、デュアルモニター機能対応
ソフトウェア ◼ Attune NxTソフトウェア
◼ Romlockライセンスが必要となります
ソフトウェア機能 コンペンセーション:完全自動モードおよび手動補正モードを装備
機器トラッキング: Levey-Jenningsプロットによる自動ベースラインとパフォーマンステスト
自動メンテナンス:≤15分の起動とシャットダウン
最大イベントファイル: 2,000万ファイル
ヒートマップ:チューブとプレートの可視化
SmartGate™ラベル: Quad
統計:カスタマイズされた統計情報を作成(濃度など)
ファイル形式: FCS 3.1 (保存)
グラフィック解像度印刷や論文発表に使用できる高品質な画像を作成
ユーザーアカウント管理:ユーザーログによる管理者用および個人用アカウント
ゲート: スタンダードゲートおよびカスタマイズ可能なゲート
Thermo Fisher Cloud コンピューターからクラウドにファイルを保存
性能 データ収集速度:最大35,000イベント/秒
粒子サイズ: 0.5~50 μm
蛍光感度:

◼ ≤ 80 MESF FITC
◼ ≤ 30 MESF PE
◼ ≤ 70 MESF APC
蛍光解像度 CEN染色したヨウ化プロピジウムのシングルピーク:CV値 3%未満
前方散乱光と側方散乱光 ◼ ノイズから血小板を識別することができます
◼ 溶解した全血中のリンパ球、単球、および顆粒球を分解するよう最適化されています

自動コンペンセーション機能付きのシンプルかつ高性能なソフトウェア

Attune™ NxT Softwareは、直感的な操作性と扱いやすさ備えたインターフェイスを利用しながら、強力なデータ収集と解析が行える仕様となっています。本機器ソフトウェアの機能と特徴:

  • コンペンセーション—完全自動モードおよび手動補正モードを装備
  • 装置トラッキング —全チャンネルとリニアリティに関する自動化ベースラインとパフォーマンステスト
  • 自動メンテナンス —起動(15分未満)、シャットダウン、リンス、ウォッシュ、デバブル、ディープクリーン、
    毎月1回のデコンタミネーション
  • ユーザーアカウントの管理—ユーザログには、管理者用と個人用のアカウントがあります
  • ゲート—スタンダードゲートおよびカスタマイズ可能なゲート
  • プロットプレビュー—ワークスペースの設定が簡単に行えます
  • フィルムストリップビューを拡大—ゲートやプロット属性の設定の際、見やすくなりプロットナビゲーションが簡単に行えます
  • ファイル形式—FCS 3.0およびFCS 3.1
  • グラフィック解像度—印刷に使用できる高品質の画像を作成(カスタマイズ可能)

Attune NxT flow cytometerソフトウェアの詳細情報

ウォークアウェイオートメーション

Attune NxT flow cytometer対応オプションのアクセサリーであるAttune NxT Autosamplerは、最大384個までのサンプルを迅速に処理することができます。

Attune NxT Autosamplerの詳細情報

サイエンスポスター

Attune Acoustic Focusing Cytometerによる高感度アプリケーション
Bill Telford氏(Experimental Transplantation and Immunonology Branch's FACS Core Facility at CYTO 2012の所長)による提供。
Attune® Acoustic Focusing Cytometerを利用したマラリア研究
Grace Chojnowski氏(Queensland Institute of Medical Research at CYTO 2012のフローサイトメトリーおよびイメージング施設マネージャー)による提供。
Acoustic Focusing Flow Cytometryおよび細胞膜浸透性DNA色素を用いた、残留白血球計数のための新たなNo-Wash, No-Lyse法
José-Enrique O'Connor氏(Laboratory of Cytomics at Centro de Investigación Príncipe Felipe at CYTO 2012所長)による提供。
Ultrasmall And Beyond:Acoustic Focusing Cytometryによる、食虫植物種のNuclear Holopoloidゲノムサイジング
フローサイトメトリーは、植物Holoploid核ゲノムサイズ(C値)を定量するための迅速かつ正確な方法として、広く一般的に利用されています。
Acoustic Cytometryを用いた、リン酸化タンパク質の検出
マルチパラメータのフローサイトメトリーは、細胞シグナル伝達経路を調べるための重要なツールとなります。このアコースティックフォーカシングテクノロジーを適用すると、サンプル流速を遅くすることができます。
Acoustic Focusing Cytometry: 感度およびスループット
Acoustic Focusing Cytometryを用いて、サンプル流速による感度の変化について検証を行いました。Applied Biosystems® Attune® Acoustic Focusing Cytometerを用いて、標準的なアッセイを行いました。
Acoustic Flow Cytometryによる、マルチカラーイムノフェノタイピング解析
アコースティックフォーカシングによって、細胞照射時間が長くなり、かつスループットが高くなるため、データ収集速度を維持したまま希釈サンプル解析の精度を高めることができます。
ヒト角膜輪部から分離された幹細胞の同定および初期特性評価
輪部幹細胞は、創傷の治癒中や角膜の修復中に角膜を再構成する前駆体細胞として知られています。基底領域における輪部幹細胞によって、トランジット増幅(TA)細胞が生成します。
Acoustic Cytometryを用いたレアイベントの検出
レアイベントの検出(全細胞の5%未満を構成する細胞集団として定義される)には、幹細胞、微小残存病変細胞、四量体、NKT細胞、および胎児母体出血細胞が含まれます。
Acoustic Cytometry による、PNH細胞の希少イベントの検出
フローサイトメトリーは、発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)を検出する用途に一般的に利用されており、計測装置の技術改良により実現されます。

アプリケーションノート

サービスプラン

お使いの機器の性能を最適化させ、重要システムの可用性を最大化させて、ラボのワークフローを効率アップさせます。実験ニーズと予算に見合うように、Attune NxT flow cytometerのサポートタイプをご選択ください。

  • AB完全版プラン
  • AB保証プラン
  • AB メンテナンス付きプラン

消耗品とアクセサリー類

サンプルシリンジなどのアクセサリーの他に、Attune NxT flow cytometerの動作に要するソリューションをお探しください:

  • Attune Focusing Fluid
  • Attune Wash Solution
  • Attune Shutdown Solution
  • Attune Performance Tracking Beads

リソース

取扱説明書