合成生物学

合成生物学とは?

合成生物学は、分子生物学とシステム生物学を工学原理と組み合わせ、生体システムやバイオファクトリーを設計します。その目的は、現在および将来の課題に対応できる、より高度な生物学的機能を作り出すことにあります。

合成生物学は、エネルギーの生成、食料の生産、産業処理の最適化、疾病の診断、予防、治療といった分野において従来の方法に変革をもたらすと当社は考えています。当社は、この研究コミュニティに卓越した技術およびソリューションを提供することに尽力しています。この独特な分野は科学的および工学的手法により、生命の最も難しい問題を理解し解答を導き出すために、きわめて複雑な経路、DNA 配列、遺伝子、および天然生体システムの研究、改変、作成、再現を可能にします。

合成生物学の内容

合成生物学アプリケーション

ライフサイエンス、バイオ燃料、ワクチン製造など、合成生物学ツールが使用されるさまざまな分野をご紹介します。

合成生物学 e-learning シリーズ

予定されているライブ e-learning に登録できるほか、お好きな時間に過去の e-learning を視聴することもできます。

合成生物学カスタムサービス

クローニング、発現から宿主工学まで、あらゆるカスタムサービスを提供しています。

合成生物学動画

当社の最新の学習用および技術紹介の動画をご利用ください。

資料

合成生物学について調べる: