ウォータージャケット CO2 インキュベーター

強化された温度安定性

Thermo Scientific ウォータージャケット CO2 インキュベーターは、信頼性の高い断熱性能によって周辺温度の変化や電源変動から培養物を守ります。この従来式の CO2 インキュベーターは、信頼性と均一性のベンチマークです。

お問い合わせ


クイックリンク


ウォータージャケット CO2 インキュベーターを選ぶ

独自の三重壁構造が、水と高品質な断熱材の二重層による卓越した温度安定性を実現します。

  シリーズ 2 ウォータージャケット シリーズ 3 ウォータージャケット
  Forma シリーズ 2 CO2 インキュベーター Forma シリーズ 3 CO2 インキュベーター
説明 実績ある信頼性のベンチマーク 実証された信頼性にスマートなシンプルさを追加
容量 184 L(6.5 立法フィート) 184 L(6.5 立法フィート)
チャンバータイプ ウォータージャケット ウォータージャケット
ドア開閉方向  左ヒンジ  左ヒンジ
内部構成の選択 ステンレス製 › ステンレス製 ›
HEPA フィルター 5 分で ISO クラス 5 に到達 5 分で ISO クラス 5 に到達
エアフロー設計 ファン式 ファン式
CO2 センサー TC または IR TC または IR
O2 制御 オプション 1 ~ 21%
オプション 1 ~ 21%
湿度 取り外し可能な加湿パン 取り外し可能な加湿パン
ユーザーインターフェース Enviro-Scan iCAN タッチスクリーン
取り外し可能な加湿パン

トップに戻る


予期しない停電が発生した後の性能

当社のウォータージャケット CO2 インキュベーターの三重壁構造は、停電中に卓越した温度安定性を発揮します。停電から 60 分たっても Forma ウォータージャケット CO2 インキュベーターの温度はわずか 1℃ しか下がらず、チャンバーの指定された増殖環境が維持されます。


新たな発見を助ける主な特長

60 年に及ぶエンジニアリングと設計のブレークスルーを基に構築された当社の専門技術は、幅広い製品に組み込まれた主要な特長の中で体現されています。これらの機能強化を組み合わせることで、クリティカルなアプリケーションのための最適な細胞増殖、効果的な汚染防止技術、先進的な設計、さらには、より多くの時間を目標追求に費やせるようにするシンプルさが生み出されます。

接続性(リモートモニタリングの重要な利点を含む)はワークフローを強化し、ラボの効率と生産性を向上させます。簡単に設置できる Thermo Scientific™ DeviceLink HUB™ は、Thermo Fisher Cloud と連携して CO2 インキュベーター内の状態を監視します。

  • DeviceLink HUB は、インキュベーターのデータ出力接続を通じてチャンバー温度、ガスレベル、アラーム、アラートを監視します。
  • アラームと通知は、電子メールおよびモバイルプッシュ通知によってユーザーに送信されます。
  • DeviceLink は、iCAN タッチスクリーンインターフェースを備えた以下のモデルのオプションアクセサリーです。
    • Heracell 150i および 240i CO2 インキュベーター
    • Forma シリーズ 3 ウォータージャケット CO2 インキュベーター
    • Heracell VIOS 160i および 250i CO2 インキュベーター
    • Forma Steri-cycle i160 および i250 CO2 インキュベーター
  • Device Link は以下の地域で使用できます。
    • 米国、カナダ
    • 欧州連合の 28 カ国
    • アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、スイス
DeviceLink-Hub-300x250

チャンバー内の空気を清浄に保つために設計された HEPA 空気ろ過。

  • HEPA フィルターにより、チャンバー全体を 60 秒ごとに継続的にろ過
  • 培養物を空気中浮遊汚染物質から保護
  • 日常的なドア開放から 5 分以内にクリーンルーム品質の ISO クラス 5(クラス 100)空気清浄度に到達

Thermo Scientific CO2 インキュベーターは、ファンによるエアフローの循環によって迅速な回復と厳密な均一性を実現します。エアフローのパターンは、重要な環境条件(温度、ガス交換、湿度)が均一に分布するように特別に設計されています。チャンバー内のファンによって、調整された加湿空気がチャンバー全体にゆっくりと行き渡り、すべての細胞が、チャンバー内のどこにあるかにかかわらず、乾燥のリスクなしに同じ条件にさらされます。1

THRIVE active airflow
  • 温度均一性仕様は DIN 12880 基準に従って検証されています。この基準では、チャンバー内の特定の場所で 27 カ所の個別測定を行うことが要求されています。
  • センサーとプローブはインキュベーターのチャンバー内に直接配置されており、細胞がさらされている環境そのものを測定します。
  • 二次温度プローブは一次センサーに対するアラームとして機能します。これにより、ユーザーは安心感を得られ、細胞の安全性も向上します。

THRIVE アクティブエアフローの動作を見る

Thermo Scientific THRIVE アクティブエアフローは、Heracell VIOS 160i/250i および Forma Steri-Cycle i160/i250 CO2 インキュベーターに搭載されており、ドアを 30 秒開けた後 10 分以内に主要な増殖パラメーターをすべて回復します。1

  • 可変速度のファンがエアフローを精密にコントロールし、最先端の回復を実現します。
  • エアフローはまず、直接加熱式のカバー付き内蔵ウォーターリザーバーの上を通ります。これにより、標準的な加湿パン設計よりも 50%高速に湿度が回復します。
  • インライン HEPA フィルターが、エアフローに含まれるすべてのサイズの粒子や微生物を捕捉し、培養物を汚染から守ります。
  • 次に、空気はチャンバー内センサーの上を通過します。センサーの測定値に応じて空気が調整された後、その空気が培養物の間をゆっくりと循環します。

1 30 秒ドア開放の社内基準に基づき、回復レベルは、温度および CO2 については元の値の 98%、湿度については元の値の 95%と計算されています。

in vivo に近い状態を再現することが目標であるため、すべてのインキュベーターセンサーはインキュベーターのチャンバー内に直接配置されており、細胞がさらされている環境そのものを測定します。この設計ではセンサーの構造をより頑丈にする必要がありますが、センサーは温度や空気が変動したときにただちに反応して変動を補正するよう設計されています。当社のインキュベーターでは、次の 2 種類の CO2 センサー技術が使われています。

熱伝導率(TC)CO2 センサー

  • 信頼性が高く動作寿命が長いことから、当社製品でもっともよく選ばれている CO2 センサー
  • センサーの上を通過するガスの熱伝導率によって電気抵抗を測定する
  • 白熱電球などの消耗部品がないため、頻繁にメンテナンスする必要がなく、安定していて長寿命
  • 高温耐性がある — 滅菌サイクル中に取り外す必要がない
  • 新しい TC180 CO2 センサーには、安定性と回復を強化するために湿度補償が組み込まれている(Heracell VIOS および Forma Steri-Cycle CO2 インキュベーターで使用可能)

赤外線(IR)CO2 センサー

  • 感度の高いアプリケーションやリモートモニタリング、またはインキュベーターに頻繁にアクセスしなければならないときに最適
  • 4.3 µm の固有波長での赤外光吸収に基づいて CO2 濃度を測定する
  • 湿度や温度と無関係に動作する
  • 新しい IR180Si では、安定性を高めて寿命を延ばすために、従来の白熱赤外光源がシリコン MEMS エミッター技術に置き換えられている(Heracell VIOS および Forma Steri-Cycle CO2 インキュベーターで使用可能)

可変酸素コントロール(Tri-Gas)によって培養の柔軟性を高める
生理学的状態をシミュレートすることで、生物学的関連性を高めることができます。その結果、細胞挙動から in vivo 環境をより良好に予測できるようになります。

  • 1 ~ 21%および 5 ~ 90%の O2 範囲を選択可能
  • 初代細胞、幹細胞、胚研究アプリケーションのために低酸素(1 ~ 21%)環境をシミュレートする
  • 低酸素培養によって腫瘍微小環境のシミュレーションが向上する
  • 肺、網膜、その他の敏感な組織の研究のために高酸素(5 ~ 90%)状態をシミュレートする

低酸素環境で培養した細胞は一般に成長速度が速くなり、より長期間生存し、ストレスが低下します。

関連リソース
CO2-Model-270x140

可変酸素コントロールを備えた Thermo Scientific CO2 インキュベーターを使用して細胞培養を強化する五つの理由(英語)

詳細を見る

性能やワークフローを強化するため、複数の加湿リザーバー設計が用意されています。当社独自の内蔵ソリューションでは、高い相対湿度(rH)レベルと迅速な回復を容易に達成できるように、リザーバーが直接加熱されます。外部加湿リザーバーはメンテナンスが簡単であり、培養を阻害せずに水を補充できます。完全なアクティブ rH パラメーター制御は、柔軟性と湿度レベルの精密なモニタリングを必要とするアプリケーションに最適です。

  加湿パン 内蔵ウォーターリザーバー カバー付き内蔵ウォーターリザーバー 外部加湿リザーバー
 
説明 従来の取り外し可能な加湿パン 直接加熱式の大きなパンレスリザーバー。高い rH レベルと迅速な回復を提供する 直接加熱式の保護された内蔵加湿パン。高い rH レベルと先進的な回復を提供し、水の充填と排水も簡単 アクティブ湿度制御と、水を補充しやすい外部リザーバー
容量 3 L 3 L(4.5 L の大容量モデルもあり) 3 L 3 L
水位モニタリング   あり、低レベルアラーム あり、視覚的モニタリングと低レベルアラーム あり、視覚的モニタリングと低レベルアラーム
人気のモデル Forma ダイレクトヒート および Steri-Cycle、Forma シリーズ 2 およびシリーズ 3 ウォータージャケット、Midi 40

Heracell 150i および 240i

Heracell VIOS 160i および 250i、Forma Steri-cycle i160 および i250

Forma Steri-cult、BBD 6220

iCAN タッチスクリーンインターフェース

インテリジェントな Thermo Scientific iCAN タッチスクリーンインターフェースは、CO2 インキュベーターを簡単に操作できるように設計されています。LED 画面は明るく、遠くからでも一目で視認できます。詳細なデータや性能トレンドグラフを複数の言語で表示できます。データや使用ログを本体に保存し、ダウンロードすることもできます。

heracell vios co2 incubator
  • ドア上の操作しやすい位置にある
  • 設定可能な設定やオプション
  • 音声および視覚アラーム
  • オンスクリーンメニュープロンプト
  • エラーおよび使用ログ
  • データログと性能トレンドグラフ
  • 複数の言語から選択可能

Enviro-Scan インターフェース

iCAN touchscreen

Thermo Scientific Enviro-Scan LED メンブレンディスプレイは、明るい表示によって温度、CO2、rH(オプション)の動作パラメーターを容易にモニタリングできます。英数字のメッセージセンターにプロセスやアラームステータスが表示されます。

  • 設定可能な設定やオプション
  • 音声および視覚アラーム
  • オンスクリーンメニュープロンプト

トップに戻る


CO2 インキュベーター選択ツール

CO2 incubator selector app

数多くの選択肢の中から、どの Thermo Scientific CO2 インキュベーターを選べばよいでしょうか?お客様の細胞培養用途、ニーズ、好みに応じて、セレクターツールがラボに最適なインキュベーターの選択をお手伝いします。

セレクターツールを開く

CO2 インキュベーターファミリーのパンフレット

Thermo Scientific CO2 インキュベーターの詳細な製品ラインアップと、培養に携わる多くの科学者が当社に高い信頼を寄せる理由をご覧ください。

パンフレットをダウンロード

トップに戻る

無料 e-learning:細胞培養汚染

内容

  • さまざまな種類の汚染と問題の程度
  • ラボにおける汚染の低減
  • CO2 インキュベーターの汚染防止に関する革新的設計の評価方法

オンデマンド e-learning を視聴する ›

Cell Culture Café e-learning シリーズをチェックし、購読登録して参考資料やブログなどを受け取ってください。オンデマンド e-learning のライブラリを検索することもできます。

Cell Culture Café にアクセス


トップに戻る

関連する製品カテゴリー

CO2 耐性シェーカー

生物学的安全キャビネット

Biological safety cabinets

汎用遠心分離機

general purpose centrifuges

細胞培養フラスコ
 

cell culture flasks

トップに戻る


リソース

パンフレット

テクニカルノート

スマートノート

サポート