検証済みの生産性、ユーザーに近く設置

Thermo Scientific 大容量遠心分離機は、6 x 500 mL 血液バッグまたは 8 x 2000 mL ボトル (16L) の増強されたキャパシティーと使いやすい設計により、お客様がすでに検証済みのプロトコルを使用して実施する大容量の作業をより容易にし、かつ作業性を高めます。強化された人間工学とコンパクトな設計に加えて追跡可能で再現性のある遠心分離の迅速なセットアップにより、血液処理とバイオプロセシングを簡素化するにはこれらの遠心分離機が最適です。 

カタログをダウンロードする ›

注目される大容量遠心分離機

柔軟性ある大容量血液バンキングに対応する Sorvall BP 8 および 16 遠心分離機の採用。強化された人間工学設計、手袋に対応するタッチスクリーンのインターフェースによる迅速な遠心分離のセットアップと標準化、加えて向上したキャパシティーは、お客様のラボの生産性を最大化します。

Heraeus Cryofuge 8 および 16 血液バンキング遠心分離機の使いやすい設計と 1 回の遠心で 6、8、12、または 16 x 500 mL の血液バッグを処理する現在と将来のニーズを満たす柔軟性により、大容量の作業が容易になり、かつ操作性が向上します。 

Sorvall BIOS 16 バイオプロセス用遠心分離機を使用することで分離と精製の両メソッドにおける生産性とパフォーマンスを改善できます。最大で 16 リットルのサンプル容量にまで強化されたキャパシティー、コンパクトな設置面積、および操作を簡素化する諸機能により、生産性と効率性の最大化が簡素化されています。 

信頼性の高い性能と使いやすさに高度な機能を組み合わせた大容量遠心分離機は、血液バンキングやバイオプロセシングなどのハイスループットアプリケーションにおいて、再現性のある分離とハイスループットを実現します。


最大化されたキャパシティー

当社製大容量ローターは、より大容量のローターの選択と既存のワークフローに適合する柔軟性を備え、1 回の遠心で最大 16 x 500 mL 血液バッグまたは 16 リットルに対応して設計されています。

お客様に適した大容量ローターが見つかります ›

注目される血液バンキング遠心分離機の動画