showcase.par.49744.image.0.0.1

cDNA合成において正しい逆転写酵素(RT)を選択することは、高品質で、完全長のcDNAの高収量を得るのに重要です。私たちは様々な研究ニーズに対応したcDNA生成のために最適化された、スタンドアローン型のさまざまな逆転写酵素を提供しています。

お客様に最適な逆転写酵素は?

  通常使用のRNAテンプレートの評価RT   幅広いRNAテンプレートの効果的&多目的RT   困難なテンプレートを含む全てのRNAに最も効果的なRT
  今すぐ注文する   今すぐ注文する   今すぐ注文する
 
 
 
 
 
 
最適な反応温度 37℃   50°C   50-55°C
スピード 60 min   50 min   10 min
感度     最大12.3 kb
cDNAの収量     優れている
cDNAの最大長 最長7 kb   最長 12 kb   最長20 kb
反応抑制剤に対する抵抗性 乏しい   良い   良い
プロトコル プロトコルをダウンロードする   プロトコルをダウンロードする   プロトコルをダウンロードする

その他の逆転写酵素

Invitrogen®逆転写酵素関連文献