Interact Reference Component

RNAiは、実質的にすべての真核生物において、機能を欠損させて行う研究の特異的で強力、かつ成功率の高い手法です。サーモフィッシャーサイエンティフィックは、RNAi で機能する small RNA 分子として、短鎖干渉 RNA (siRNA) 分子と microRNA (miRNA) の 2 種類を開発しました。サーモフィッシャーサイエンティフィックは、ハイスループットアプリケーション用ライブラリを含む、in vitro および in vivo のRNAi 分析用製品を提供しています。モデルシステム、ノックダウンに必要な時間や、その他の実験要素に応じて、ツールをお選びください。


クイックリンク

関連する RNAi カテゴリー

当社独自の Silencer Select、Stealth RNAi、および Silencer siRNA を使用して、遺伝子発現を効率的にノックダウンできます

mirVana miRNA mimics と inhibitors で mRNA 機能を分析できます

高いヌクレアーゼ安定性を誇る Ambion In Vivo siRNA など、in vivo RNAi 実験を成功に導く包括的なソリューションをご覧ください

脂質の仲介によるトランスフェクション法 (Lipofectamine™ 試薬) または Neon™ トランスフェクションシステムを使用して、細胞への RNAi デリバリーの最適な方法を判定できます

さまざまな事前定義済みおよびカスタム RNAi ライブラリから選択でき、発見が広がります。

高いヌクレアーゼ安定性を誇る Ambion In Vivo siRNA など、in vivo RNAi 実験を成功に導く包括的ソリューションをご覧ください

トランスフェクションが困難な細胞でターゲットの一時的または安定的なノックダウンを達成する、BLOCK-iT™ システム製品などの試薬およびキットです

米国国立衛生研究所 (NIH) の国立先進トランスレーショナル科学センター (NCATS) が『Nature』で発表した論文は、アレイを使用したハイスループットスクリーニング用の Silencer Select Genome-Wide siRNA ライブラリがパーキンソン病の新たな薬剤標的を効果的に特定するうえで有用であることを示しています。また、この研究で採用されたワークフローでも、Lipofectamine RNAiMAX、Gibco Media などの当社製品が使用されています。主な薬剤標的の最終的な検証は、TAL エフェクターヌクレアーゼ (TALEN) 技術を用いてノックアウト細胞株の作成により達成されました。

エジュケーション

RNAi 技術とパーキンソン病に関する Web セミナーを視聴する
Web セミナーに寄せられる FAQ

ご質問がありますか?

製品や注文に関するお問い合わせは RNAiresearcher@lifetech.com までご連絡ください。