Interact Reference Component

包括的なシーケンシングソリューション

ゴールドスタンダードのサンガー法シーケンシングやフラグメント解析から、柔軟性が高く拡張可能な次世代シーケンシング(NGS)に至るまで、幅広いソリューションを取り揃え、臨床研究ラボにおけるシーケンシングの可能性実現をサポートします。

困難な問題に答えるためにどのようにシーケンステクノロジーを利用するべきか

さまざまな研究室でどのようにして実際にシーケンスを利用しているのかを調べたところ、一つのことが分かりました。それは、すべてのラボが異なる方法で利用しているということです。 現実的には、有用な結果を見つけ出し、検証し、データを活かすために、幅広いソリューションが必要です。

ヒトゲノムシーケンスにおけるデータで考慮すべきこと

シーケンスのアプローチ法を選択する決定プロセスのおいて、データ解析とデータ管理は見過ごされがちな領域です。

疾病に関わる遺伝の知識が増えるにつれて、限られた遺伝子集団の中から変異を検出するために幅広いネットを使うことは低減しました。これからは遺伝子パネルを使用することでコストとデータ管理の負担を軽減になるでしょう。

サンガー法シーケンシングを選択:

  • 表現型が明確に規定された疾患を研究
  • 1 ~ 2 個の遺伝子または最大 96 種類のターゲットをシーケンシング
  • バーコードを使わずに、1 ~ 96 個のサンプルを一度にシーケンシング
  • 最大 99.99%の精度で NGS バリアントを確認
  • ロングリード(最大 1,000 bp まで)

詳細はこちらから ›

NGS を選択:

  • 表現型の不均一性が高い疾患を研究
  • 3 種以上の遺伝子または 96 種類以上のターゲットをシーケンシング
  • 96 サンプル以上を複数のターゲットに対してシーケンシング
  • 新しい変異を発見

詳細はこちらから ›

新たにシーケンスを行う

どのタイプのシーケンサを選択しても、最適化された試薬と消耗品、直感的に操作できる解析ソフトウェア、世界有数のテクニカルサポーがあなたの研究をサポートします。

関連製品