Interact Reference Component

遺伝子バイオマーカーの発見と、それに続くがん研究でのアプリケーションは、標的治療開発への道を切り開き、病状および予後、最終的にはより効果的な治療と遺伝子バイオマーカーを結びつけます。 当社の次世代ターゲットシーケンシングパネル、ワークフロー、キュレーションされたバイオインフォマティイクスデータベースおよびサービスは、治療薬開発やコンパニオン診断開発用の強力なソリューションとなり得ます。

関連する製品

OCAv3C_DNA_RNA_A33638_A33639_230-100
A37664-230x100
A37910TML-Chef-Ready-230x100

前臨床からコンパニオン診断開発まで

がん研究におけるターゲットシーケンシングアッセイ FFPE やリキッドバイオプシーサンプルから、DNA や RNA を解析できます。

がん研究の論文やデータに関する当社の包括的な知見を基にしたアッセイデザインやレポート作成など、ンフォマティクなアプローチを提供します。

NGS データを治療法選択の情報に役立てる

Dr. Giselle Sholler

小児がんは、原因が成人とは異なるため成人がんに使われてきた研究方法が適応できない、難しい疾患です。

その研究には困難が伴います。 小児がん研究者は NGS データの解析だけでなく、将来的に小児がんの治療法開発に役立てることを模索しています。

ビデオをご覧ください ›

Oncomine Assayと Ion AmpliSeq Panel コンテンツの比較

ターゲット次世代シーケンシング(NGS)は、ラボの規模に関わらず、がん研究を強力に推進します。 極少量のサンプルから高感度な分析結果が得られるように、また将来的に新しいコンパニオン診断検査法や治療法につながる情報を得られるようにデザインされたアッセイとパネルが、ブレークスルーの中核となります。

がん臨床研究では、数え切れないほど多くの決断を下す必要があります。 特に大事なのは、アッセイコンテンツに関する選択です。 この Oncomine Assay と Ion AmpliSeq Panel のコンテンツ比較は、アッセイ選択に役立つようにデザインされています。


業界のリーダーがビッグデータを活用してデザインしたアッセイ

がん研究をより効果的に推進するためには統合型アプローチが重要であると考える研究者が増えています。 当社のターゲット次世代シーケンシング (NGS) ソリューションは 、Oncomine Knowledgebase の情報を活かすようにデザインされており、業界をリードするパートナーから 医薬品やコンパニオン診断の開発に対する強力なソリューションになると認められています。

図 1. Oncomine Knowledgebase


図 2. Oncomine Knowledgebase からの情報に基づくコンテントおよびインフォマティクスソリューションにより、前臨床試験から将来的なコンパニオン診断につながる研究を促進するアッセイ結果が得られます。