設置環境/緊急時の装置停止方法

全てのICP発光分析装置(ICP-OES)およびICP質量分析装置(ICP-MS)は、高周波利用設備に該当します。そのため設置前に許可を受ける必要があります。高周波利用設備を無許可の状態で運用した場合、電波法第110条の規定により処罰の対象となりますので、ご注意ください。

申請には次の書類が必要になります。
(関東総合通信局サイトでのリンクアドレスを記載しております。
装置を設置する都道府県により申請先が異なりますのでご注意ください。)

 

装置を新規で導入する場合

総務省ホームページ「高周波利用設備設置等のための手続き及びダウンロード」内
「1 高周波利用設備許可申請」より下記書類をダウンロードしてください。

  1. 許可申請書
    「1 高周波利用設備許可申請」 ⇒ 「ア 許可申請書」⇒「WORD書類」または「PDF書類」をダウンロード
    ※記載例は「申請書記載例」よりダウンロード
    ICP-MSの設備の種別は「各種設備」に該当します。

  2. 添付書類
    「1 高周波利用設備許可申請」 ⇒ 「イ 添付書類」⇒「WORD書類」または「PDF書類」をダウンロード
    ※記載例は「添付書類記載例」よりダウンロード
    ダウンロード記入例: iCAPQの例

  3. 添付図面等
    「高周波利用設備の外観図」及び「設置場所を中心とした半径200m以内の地図」が必要です。
    外観図: iCAPQ
    設置場所付近図: 設置場所付近図用フォーマット

 

既存装置の入替の場合

総務省ホームページ「高周波利用設備設置等のための手続き及びダウンロード」内
「2 高周波利用設備変更許可申請」より下記書類をダウンロードしてください。

  1. 変更許可申請書
     「ア 変更許可申請書」⇒「WORD書類」または「PDF書類」をダウンロード
    ※記載例は「申請書記載例」

  2. 添付書類
    「イ 添付書類」⇒「WORD書類」または「PDF書類」をダウンロード
    ※記載例は「添付書類記載例」
    記入例:iCAPQの例

  3. 添付図面
    「高周波利用設備の外観図」及び「設置場所を中心とした半径200m以内の地図」が必要です。
    ・外観図:iCAPQ
    ・設置場所付近図:設置場所付近図用フォーマット
 

その他提出にあたっては総務省のサイトをご参照ください。


装置を設置する都道府県により申請先が異なります。下記リンクで管轄地域をご確認ください。
総務省 電波利用ホームページへ

2016.6.10更新

アプリケーション

ソフトウェア

メンテナンス

トラブルシューティング