Invitrogen™

Di-2-ANEPEQ (JPW 1114)

製品番号(カタログ番号): D6923
Invitrogen™

Di-2-ANEPEQ (JPW 1114)

製品番号(カタログ番号): D6923
製品番号(カタログ番号)
D6923
または、製品番号D-6923
ユニットサイズ
5 mg
価格(JPY)
在庫と納期
製品番号(カタログ番号)ユニットサイズ価格(JPY)在庫と納期
D6923
または、製品番号D-6923
5 mg
製品概要
ビデオ
推奨事項
推奨事項
参考資料
FAQ
引用および参考文献
その他の情報
推奨事項
ANEP色素は、環境中の電位変化に反応して蛍光を発する分子です。これらは、周囲の電場の変化に反応して電子構造を変化させ、その結果として蛍光特性を変化させることで動作する高速応答プローブです。これらの光学的応答は十分に高速で、単一ニューロン、心臓細胞、無傷の脳などの励起性細胞における一過性(ミリ秒)の潜在的な変化を検出します。しかし、潜在的に依存する蛍光変化の大きさは小さいことが多く、高速応答プローブは通常、100 mV あたり 2–10 % の蛍光変化を示します。さらに、これらの色素は励起スペクトルに電位依存性のシフトを示すため、励起比測定を使用して膜電位の定量が可能です

カルシウム、カリウム、pH、膜電位インジケータの訴訟祭については、こちらを参照してください ›

電位感受性ANEP色素の仕様:
• モデルのリン脂質膜に結合したEx/Em最大値は、約465/635 nmです(ただし、スペクトル特性は環境に大きく依存します)
•膜に結合するまで非蛍光
•陽イオン分子;水溶性(di-2-ANEPEQは水溶性ANEP色素です)
•色素は、通常、マイクロインジェクションによって細胞に導入されます
• サブミリ秒の膜電位の変化を検出するのに適した高速応答プローブ


電位差プローブの応用
細胞膜は、通常、活性輸送プロセスによって維持されるK+、Na+、Cl–濃度勾配の結果として、膜貫通電位が約–70 mV(内部はマイナス)になります。電位差プローブは、これらのイオンの転座を間接的に検出する方法を提供します。

膜電位の増加と減少は、それぞれ膜の過分極と—脱分極と呼ばれ、神経インパルスの伝播、—筋収縮、細胞シグナル伝達、イオンチャネルゲーティングなど、多くの生理学的プロセスで中心的な役割を果たしています。電位差プローブは、これらのプロセスを研究するための重要なツールです。

ANEP色素をもっと見る
当社では、さまざまな形態のANEP色素を提供しています。これらのプローブの詳細については、「Molecular Probes ハンドブック」の「Fast-Response Probes」—セクション22.2™を参照してください。

研究用途にのみご使用ください。ヒトまたは動物の治療もしくは診断目的には使用できません。
For Research Use Only. Not for use in diagnostic procedures.

仕様

赤外線
検出法
蛍光
使用対象 (装置)
蛍光顕微鏡, マイクロプレートリーダー
製品タイプ
ANEP色素
出荷条件
室温
細胞内局在
細胞膜&脂質

組成および保存条件

室温で保存し、光から保護します。

ドキュメントおよびダウンロード

証明書

    よくあるご質問(FAQ)

    引用および参考文献

    Search citations by name, author, journal title or abstract text