e-learningとはパソコンを用いたインターネット形式のセミナーで、画像と音声によって行われます。
e-learningの聴講にあたって事前アンケートにご協力よろしくお願いいたします。
なお、販売店の方で聴講を希望される方は、こちらからのお申込みはせず、seminar.jp@thermofisher.com までご連絡ください。

DXRxi イメージング顕微ラマンイントロダクション
DXRxi イメージング顕微ラマンのイントロダクションです。顕微鏡を扱うようにどなたにも直感的に操作できるユニークな装置のコンセプト、先進の基本性能、従来機との違いなどをご紹介します。
視聴する
DXRxi イメージング顕微ラマン新開発イメージングソフトウェア- OMNICxi -
DXRxi イメージング顕微ラマンにおいては、リアルタイムに変化する画面を見ながら操作できるシンプルかつ強力なソフトウェアが、効率的で高速なイメージング分析環境を実現します。
視聴する
DXRxi イメージング顕微ラマン アプリケーション
医薬製剤、ライフサイエンス、半導体製造、材料分析など幅広い分野における、DXRxi イメージング顕微ラマンを用いた実際の分析例をご紹介します。
視聴する
MAIRSアクセサリによる薄膜の配向分析
~Ge基板上のステアリン酸カドミウム塩薄膜の分析~

従来煩雑であった単分子膜の分子配向解析が、一度の測定で自動分析できる「MAIRS(Multiple-Angle Incidence Resolution Spectrometry)自動分析アクセサリ」の有用性と使用例をご紹介します。
視聴する
【FT-IR・ラマン レベルアップ講座】異物分析における解析のヒント
FT-IR・ラマンを用いた異物分析においては、複数成分が混在することにより解析が困難となったり、成分特定ができても原因究明にまで至らない場合もあります。このような場合におけるスペクトル解析のちょっとしたヒントをご紹介します。
視聴する
FT-IR・ラマンの基礎
原理を知らなくても分析装置を使うことはできます。しかし、知っていればもっと便利により効率よく、装置の能力をさらに引き出すことができます。FT-IRとラマンの初心者の方に向けたこれだけは知っていてほしい原理のお話です。
視聴する
だれでも簡単!赤外顕微鏡を使わない簡易異物分析
目視で発見される異物は100 μm程度の大きさがあり、赤外顕微鏡を使わなくても1回反射ATR法によって非常に簡単に分析することが出来ます。FT-IR Nicolet iS5と1回反射ATRを用いた異物分析例をご紹介します。
視聴する
ラマン分光法とX線光電子分光法 (XPS)の基礎と両分析を組み合わせたグラフェンの解析
材料分析の多くの場合では複数の手法を用いることでより詳細な情報を得ることが期待できます。 ラマンとXPSがどのような分析手法で、どのように活用できるかを、グラフェンの分析を例に解説いたします。
視聴する
ハイエンドFT-IRの最新技術 Nicolet iS50
これまでフラッグシップモデルとしてみなさまにお届けしてまいりましたNicolet x700シリーズに代わり、数々の革新的技術を搭載したリサーチグレードFT-IR Nicolet iS50が新登場いたしました。最新のFT-IRが持つ先進の技術についてご紹介いたします。
視聴する
ラマンの分析および解析のテクニック -測定&解析の"実際"におけるヒント-
(2012年8月実施)

ラマンスペクトルの測定と解析において困ることがいくつかありますが、測定の際の「蛍光」と、解析の際の「ライブラリ検索のヒント」についてご紹介させていただきます。
視聴する
新型高性能イメージングATR アクセサリの紹介
(2012年8月実施)

ご好評いただいている顕微FT-IR用イメージングATRアクセサリがリニューアルされました。より使いやすく、分析の再現性が高くなった新型イメージングATRの様々な機能や分析例をご紹介します。
視聴する
顕微FT-IR・ラマンによる異物の定性分析-タンパク質か合成物か-
(2012年4月実施)

FT-IRとラマンは特性が相補的で、お互いの不得意な部分を補い合う分析手法です。 例えば、どちらも異物となる頻度の高い「タンパク質」と「ナイロン」は、FT-IRのスペクトルでは識別が困難ですが、ラマンスペクトルには明確な違いが現れます。このウェブセミナーでは、FT-IRだけでは分析が困難で、ラマンとの併用が有効となるいくつかの実例を紹介します。
視聴する
マネしたくなる FT-IR活用術! 困った異物の原因を究明する
(2011年10月実施)

毎年大好評を頂いているFT-IR講座がついにWebセミナーに登場! 今年は 異物で困った時の分析方法をFT-IRのプロが分かりやすく解説。 ポータブルFT-IRによる簡易分析、オート機能を搭載した赤外顕微鏡、多成分検索による異物の同定等。
視聴する
FT-IR 応用分析法 PAS(超高感度光音響検出器)
(2011年9月実施)

光音響(PAS)アクセサリをご存知ですか? サンプルに触れず・壊さず、形態や形状も問わず、デプスプロファイリングも可能なPAS の感度が、新しい技術で劇的に向上しました。 原理からサンプリング法、応用例を紹介します。
視聴する
ラマンについてもう一度かんがえる
(2011年7月実施)

ラマン分光法は装置の発展とともにさまざまな分野に用いられるようになってきました。 このウェビナーでは、初めての方にも使いやすい分散型レーザーラマン測定装置DXRシリーズを例に、測定から解析の流れを旧来の装置と比較しご紹介いたします。 また、ラマンの原理や測定例についても簡単にご紹介させていただきます。
視聴する
<ラマン分光分析テクニック> 表面増強ラマン散乱(SERS)の原理と測定例の紹介
(2011年3月実施)

表面増強ラマン散乱(SERS)は、サンプルを金属ナノ粒子表面に吸着させ、粒子表面に発生するプラズモン場による増感効果を利用し、ラマンスペクトルの感度を向上させるテクニックです。 本ウェブセミナーでは、そのメカニズムと利点、実際の測定を分かりやすく紹介します。
視聴する
ラマン分光法によるカーボンナノチューブ・カーボン同素体の分析
(2010年10月実施)

カーボンには、アモルファス、グラファイト、グラフェン、ダイヤモンド、DLC、フラーレン、ナノチューブなど数多くの同素体があり、様々な先端分野で利用されています。 本Webセミナーでは、カーボン同素体の特性が顕著に現れる ラマン分光法の具体的な分析例を挙げながら分析の特性を述べます。
視聴する

ここで公開しているWebセミナーの内容は放送当時のものとなります。ご了承ください。

FT-IR Webinars
We present an on-going series of complimentary 1-hour webinars that reveal how our FT-IR instrumentation can improve the work you do. FT-IR instrumentation is about getting answers quickly and easily—with maximum confidence. You can't rely on guesswork and using confirmatory techniques requires time. Shorter analytical cycles mean process improvements, quality assurance and improved profitability. By developing the easiest, most efficient FT-IR software available, we've made FT-IR accessible to more of your staff, creating efficiencies and lowering overhead.
View Webinars
Raman Webinars
A versatile vibrational technique, Raman spectroscopy excels at identifying both organic and inorganic compounds in solids and liquids. Raman is non-destructive and requires little or no sample preparation.
View Webinars
DXRxi イメージング顕微ラマンイントロダクション
DXRxi イメージング顕微ラマンのイントロダクションです。顕微鏡を扱うようにどなたにも直感的に操作できるユニークな装置のコンセプト、先進の基本性能、従来機との違いなどをご紹介します。
視聴する
DXRxi イメージング顕微ラマン新開発イメージングソフトウェア- OMNICxi -
DXRxi イメージング顕微ラマンにおいては、リアルタイムに変化する画面を見ながら操作できるシンプルかつ強力なソフトウェアが、効率的で高速なイメージング分析環境を実現します。
視聴する
DXRxi イメージング顕微ラマン アプリケーション
医薬製剤、ライフサイエンス、半導体製造、材料分析など幅広い分野における、DXRxi イメージング顕微ラマンを用いた実際の分析例をご紹介します。
視聴する
MAIRSアクセサリによる薄膜の配向分析
~Ge基板上のステアリン酸カドミウム塩薄膜の分析~

従来煩雑であった単分子膜の分子配向解析が、一度の測定で自動分析できる「MAIRS(Multiple-Angle Incidence Resolution Spectrometry)自動分析アクセサリ」の有用性と使用例をご紹介します。
視聴する
【FT-IR・ラマン レベルアップ講座】異物分析における解析のヒント
FT-IR・ラマンを用いた異物分析においては、複数成分が混在することにより解析が困難となったり、成分特定ができても原因究明にまで至らない場合もあります。このような場合におけるスペクトル解析のちょっとしたヒントをご紹介します。
視聴する
FT-IR・ラマンの基礎
原理を知らなくても分析装置を使うことはできます。しかし、知っていればもっと便利により効率よく、装置の能力をさらに引き出すことができます。FT-IRとラマンの初心者の方に向けたこれだけは知っていてほしい原理のお話です。
視聴する
だれでも簡単!赤外顕微鏡を使わない簡易異物分析
目視で発見される異物は100 μm程度の大きさがあり、赤外顕微鏡を使わなくても1回反射ATR法によって非常に簡単に分析することが出来ます。FT-IR Nicolet iS5と1回反射ATRを用いた異物分析例をご紹介します。
視聴する
ラマン分光法とX線光電子分光法 (XPS)の基礎と両分析を組み合わせたグラフェンの解析
材料分析の多くの場合では複数の手法を用いることでより詳細な情報を得ることが期待できます。 ラマンとXPSがどのような分析手法で、どのように活用できるかを、グラフェンの分析を例に解説いたします。
視聴する
ハイエンドFT-IRの最新技術 Nicolet iS50
これまでフラッグシップモデルとしてみなさまにお届けしてまいりましたNicolet x700シリーズに代わり、数々の革新的技術を搭載したリサーチグレードFT-IR Nicolet iS50が新登場いたしました。最新のFT-IRが持つ先進の技術についてご紹介いたします。
視聴する
ラマンの分析および解析のテクニック -測定&解析の"実際"におけるヒント-
(2012年8月実施)

ラマンスペクトルの測定と解析において困ることがいくつかありますが、測定の際の「蛍光」と、解析の際の「ライブラリ検索のヒント」についてご紹介させていただきます。
視聴する
新型高性能イメージングATR アクセサリの紹介
(2012年8月実施)

ご好評いただいている顕微FT-IR用イメージングATRアクセサリがリニューアルされました。より使いやすく、分析の再現性が高くなった新型イメージングATRの様々な機能や分析例をご紹介します。
視聴する
顕微FT-IR・ラマンによる異物の定性分析-タンパク質か合成物か-
(2012年4月実施)

FT-IRとラマンは特性が相補的で、お互いの不得意な部分を補い合う分析手法です。 例えば、どちらも異物となる頻度の高い「タンパク質」と「ナイロン」は、FT-IRのスペクトルでは識別が困難ですが、ラマンスペクトルには明確な違いが現れます。このウェブセミナーでは、FT-IRだけでは分析が困難で、ラマンとの併用が有効となるいくつかの実例を紹介します。
視聴する
マネしたくなる FT-IR活用術! 困った異物の原因を究明する
(2011年10月実施)

毎年大好評を頂いているFT-IR講座がついにWebセミナーに登場! 今年は 異物で困った時の分析方法をFT-IRのプロが分かりやすく解説。 ポータブルFT-IRによる簡易分析、オート機能を搭載した赤外顕微鏡、多成分検索による異物の同定等。
視聴する
FT-IR 応用分析法 PAS(超高感度光音響検出器)
(2011年9月実施)

光音響(PAS)アクセサリをご存知ですか? サンプルに触れず・壊さず、形態や形状も問わず、デプスプロファイリングも可能なPAS の感度が、新しい技術で劇的に向上しました。 原理からサンプリング法、応用例を紹介します。
視聴する
ラマンについてもう一度かんがえる
(2011年7月実施)

ラマン分光法は装置の発展とともにさまざまな分野に用いられるようになってきました。 このウェビナーでは、初めての方にも使いやすい分散型レーザーラマン測定装置DXRシリーズを例に、測定から解析の流れを旧来の装置と比較しご紹介いたします。 また、ラマンの原理や測定例についても簡単にご紹介させていただきます。
視聴する
<ラマン分光分析テクニック> 表面増強ラマン散乱(SERS)の原理と測定例の紹介
(2011年3月実施)

表面増強ラマン散乱(SERS)は、サンプルを金属ナノ粒子表面に吸着させ、粒子表面に発生するプラズモン場による増感効果を利用し、ラマンスペクトルの感度を向上させるテクニックです。 本ウェブセミナーでは、そのメカニズムと利点、実際の測定を分かりやすく紹介します。
視聴する
ラマン分光法によるカーボンナノチューブ・カーボン同素体の分析
(2010年10月実施)

カーボンには、アモルファス、グラファイト、グラフェン、ダイヤモンド、DLC、フラーレン、ナノチューブなど数多くの同素体があり、様々な先端分野で利用されています。 本Webセミナーでは、カーボン同素体の特性が顕著に現れる ラマン分光法の具体的な分析例を挙げながら分析の特性を述べます。
視聴する

ここで公開しているWebセミナーの内容は放送当時のものとなります。ご了承ください。

FT-IR Webinars
We present an on-going series of complimentary 1-hour webinars that reveal how our FT-IR instrumentation can improve the work you do. FT-IR instrumentation is about getting answers quickly and easily—with maximum confidence. You can't rely on guesswork and using confirmatory techniques requires time. Shorter analytical cycles mean process improvements, quality assurance and improved profitability. By developing the easiest, most efficient FT-IR software available, we've made FT-IR accessible to more of your staff, creating efficiencies and lowering overhead.
View Webinars
Raman Webinars
A versatile vibrational technique, Raman spectroscopy excels at identifying both organic and inorganic compounds in solids and liquids. Raman is non-destructive and requires little or no sample preparation.
View Webinars