標的化合物分析での非常に優れた感度

標的化合物分析での非常に優れた感度

Thermo Scientific™ DFS™ 磁場セクター型 GC-HRMS システムは、ダイオキシンや残留性有機汚染物質 (POPs) の分析で非常に優れた感度を発揮します。二重集束型システムを備えた DFS GC-HRMS は、標的化合物分析で究極の質量分析性能を達成できます。わずか 20fg の TCDD をカラムに注入しただけでも、非常に優れた S/N 比 (200:1 を上回る) が実現されます。当社の 50 年にわたる磁場セクター型 MS 開発経験の結晶である DFS GC-HRMS は、お客様の用途に必要な機能をすべて備えています。

DFS 磁場セクター型 GC-HRMS のメリット

特長

メリット

シンプルな操作のベンチトップ型 MS
  • 自動チューニング
  • 自動ユニバーサル質量キャリブレーション: フィールドベースのキャリブレーション (スキャン速度、極性、イオン化モードに左右されない質量キャリブレーション)
  • 無人自動運転
  • 直感的なユーザーインターフェースとセットアップ
  • 包括的で柔軟なデータ評価およびレポート
非常に優れた選択性と感度
  • 優れた S/N 比と、きわめて低い検出限界: 高分解能 MID モードでカラム上に 20fg の TCDD を注入した場合の S/N 比は 200:1
  • イオンを効率よく検出できる ±20kV 変換ダイノードと長寿命の二次電子増倍管を備えた検出システム
  • ダイオキシンと POPs の定量下限値 (LOQ)
  • 2 ~ 6000Da の質量範囲
設置が容易
  • 小規模のラボにも適合
  • 消費電力の削減
  • 他の多くの装置より静か
  • 設置や立ち上げに時間がかからない
その他の主な特長
  • オプションの独自の二重 GC 構成
  • あらゆるイオン化モードを利用可能: EI、CI、FAB、FD/FI
  • エア作動ロックにより真空解除なしでイオン化室を交換可能
  • 取り外し可能なイオン化室の採用によりイオン源のメンテナンスが容易
  • 放射状にラミネートされた磁石
  • 高性能のトロイダル ESA
  • DualData XL モジュールによりスループットが向上し応答時間が短縮
推奨するイオン化法:
  • EI/CI
  • 陽イオンと陰イオン
  • ソリッドプローブ
  • FAB
  • 他のイオン化およびインレット技術

関連する動画

ダイオキシンおよび POPs の分析で性能とスループットの倍増を実現する DualData XL モジュールは、信頼性と生産性の向上を求めるハイパフォーマンスラボに最適なソリューションです。


1 台の DFS 質量分析計で単位時間内に分析できるサンプル数を倍増するにはどうすればよいのでしょうか? きわめて優れた分析性能と生産性を実現する、Thermo Scientific DFS 磁場セクター型 GC-HRMS の DualData XL Acquisition 構成をご確認ください。

詳細を読む ›