IQ・OQ/IPV クオリフィケーションサービス

ライフテクノロジーズの標準プロトコルに沿って適格性検証を実施します

機器バリデーションはGLP、cGMP、GCP 等の省令や、ISO等の基準への適合性を検証するプロセスの一部として欠くことができません。

  • 法令・規制遵守へのサポートなどカスタマーバリデーションを支援します。
  • 機器メーカーが提供する適格性評価の標準プロトコルです。
  • トレーニングを受け認証をもったアプライドバイオシステムズのエンジニアが実施します。認証書はプロトコルに添付します。
  • バリデーションにかける時間とコストを削減できます。
  • 機器メーカーの専門知識の活用で信頼性の向上が見込まれます。
  • 設置環境適格性検証(IQ): 機器の新規据付時や移設時にシステムが当社の仕様にしたがって納品され、設置されたことを検証します。また研究室環境がシステムの稼動に適切であることも検証し文書化します。
  • 稼働時性能適格性検証(OQ/IPV): IQと同時に、また以降の定期的な適格性の検証にシステムが研究室環境下で当社の稼動性能仕様どおりに機能することを検証し文書化します。

研究用にのみ使用できます。診断目的およびその手続き上での使用は出来ません。


サーマルサイクラー サンプルブロック温度検証サービス

エンジニアが訪問し、現場でサンプルブロック温度を検証するサービスです

サーマルサイクラーの温度精度は万全ですか?
ライフテクノロジーズは、 温度精度確認プログラムを用意しました。

サーマルサイクラーにとって性能の要は温度精度です。サンプルブロック温度の精度と均一性を立証するために、ライフテクノロジーズはお客様のラボにて装置の温度検証を実施します。トレーサビリティが求められるラボには欠かせない測定機器や実施エンジニアの認証も添付します。

  • サービス品質 - ライフテクノロジーズの認証エンジニアが、設置場所で機器の検証作業を実施します。本製品の製造者であるライフテクノロジーズが作成したプロトコルに従って検証作業を実施し記録します。
  • 装置休止時間の低減 - 温度検証をオンサイトで実施することにより、装置をリペアセンターに送付する手間が省け、システム全体の休止時間を低減できます。
  • ラボ効率の最適化 - お客様の技術者に代わり実施することで、温度検証に費やされる貴重な時間を無駄にしません。
  • 予算の立てやすさ - 定期的にスケジューリングされたオンサイトでの検証により、装置維持費用は予算計画化が容易です。 また、お客様自身の温度検証ツール購入コストも削減できます。
  • コンプライアンス・サポート - 温度検証を実施した記録文書や検証に使用した測定器の校正証明書が添付されます。エンジニア認証書により、お客様のコンプライアンス要求もサポートします。

研究用にのみ使用できます。診断目的およびその手続き上での使用は出来ません。