clear search
Search
Recent searches Clear History
お問い合わせ

イムノキャップ特異的IgE検査
ゴールドスタンダード2とされる特異的IgE検査

当社は、アトピー鑑別試験、粗抽出アレルゲン、アレルゲンコンポーネントを含む幅広い特異的IgE検査を提供しています。これらの検査を使用して、喘息を含むアレルギー性疾患を正確に診断し管理することを補助します。海外では、幅広いアレルゲンの構成に加えて、50年を超えるアレルゲン開発の経験と6,000を上回る出版論文1の実績により、イムノキャップは特異的IgE検査のゴールドスタンダードと評価されています2

 
イムノキャップ特異的IgEメニュー
  • イムノキャップ 特異的IgE 
    国内では約200種類のアレルゲンとマルチアレルゲンを使用して、感作アレルゲンを特定します。
  • イムノキャップ 特異的IgE アレルゲンコンポーネント
    国内では11種類のアレルゲンコンポーネントにより、適切にアレルゲンを検索できるよう臨床の先生方をサポートします3, 4
  • イムノキャップ ファディアトープ
    花粉、チリダニ、ペットなど環境中に存在するアレルゲンに対しIgEを介した反応をもたらす傾向があるアトピー鑑別試験に使用するシングル検査です。
 
高い品質基準を実現した信頼性の高い定量検査

当社の高品質な生産基準により、信頼性が高く、再現性の高い特異的IgE抗体の定量値が得られます。測定下限は0.1 kUA/lという低さです5, 6

特異的IgEメニュー

自己免疫疾患検査についてお探しですか?
自己免疫疾患検査について確認

あらゆる患者さんに実施できるイムノキャップ

採血が不要で簡便なスキンプリックテスト(SPT)に対し、血液によるイムノキャップ特異的IgE検査は、以下の利点があります。

  • 患者さんの年齢、皮膚状態、薬物療法、症状、疾患活動性、妊娠状態などにかかわらず、さらには乳児期早期にも実施できます7-11
  • アナフィラキシーのリスクがありません7, 11

当社では 本検査をご採用いただいているご施設へ患者さん向け資材をご用意しております。
ご希望の方は注文書をダウンロードの上、必要事項をご記入いただきFAXでご注文下さい。

注)各種資材はご施設でそれぞれの検査を採用いただいていることが提供の条件と なります。
場合によっては提供不可となります点、ご承知おきください。

イムノキャップについて確認する
製品カタログをダウンロード
保険適用で測定可能なアレルゲン一覧をダウンロード
参考文献
  1. Data on File.Thermo Fisher Scientific.July 2017.
  2. Crameri, R., In vitro allergy diagnosis – Allergen -specific IgE.In: Akdis, C A; Agache, I. EAACI Global Atlas of Allergy.Zurich: European Academy of Allergy and Clinical Immunology, 2014.
  3. Canonica, G.W., et al., A WAO - ARIA - GA(2)LEN consensus document on molecular-based allergy diagnostics.World Allergy Organ J, 2013.6(1): p. 17.
  4. Matricardi, P.M., et al., EAACI Molecular Allergology User's Guide.Pediatr Allergy Immunol, 2016.27 Suppl 23: p. 1-250.
  5. Directions for use.ImmunoCAP specific IgE.
  6. Siles, R.I. and F.H.Hsieh, Allergy blood testing: A practical guide for clinicians.Cleve Clin J Med, 2011.78(9): p. 585-92.
  7. Bonnelykke, K., C.B.Pipper, and H. Bisgaard, Sensitization does not develop in utero.J Allergy Clin Immunol, 2008.121(3): p. 646-51.
  8. Belhocine, W., et al., Total serum tryptase levels are higher in young infants.Pediatr Allergy Immunol, 2011.22(6): p. 600-7.
  9. Bacharier, L.B., et al., Diagnosis and treatment of asthma in childhood: a PRACTALL consensus report.Allergy, 2008.63(1): p. 5-34.
  10. Walsh, J. and N. O'Flynn, Diagnosis and assessment of food allergy in children and young people in primary care and community settings: NICE clinical guideline.The British journal of general practice : the journal of the Royal College of General Practitioners, 2011.61(588): p. 473-475.
  11. ImmunoDiagnostics Statment, No Biotin Interference in ImmunoCAPTM Assays.Uppsala, Jan 31 2018.