サンプル調製

日々のサンプル調製を成功させるための最適化

特定のタンパク質および/またはタグタンパク質を同定/定量する場合はいつも、質量分析による分析の前に、界面活性剤を除去し、サンプルの複雑性を低減するためにサンプル調製する必要があります。 サンプル抽出および調製の質や再現性は、質量分析計から得られる結果に有意な影響を及ぼすため、質量分析ではサンプルを正しく調製することが不可欠です。 サンプル調製には、オフラインのライセート調製、タンパク質またはペプチドの濃縮、サンプルクリーンアップ、タンパク質消化など広範囲の技術が含まれます。

オンラインの自動サンプル調製とサンプル分離との統合については、サンプル調製に関するサイトの TurboFlow™ 装置の情報をご覧ください。

生物システムへの問いかけ方が変わる

Thermo Scientific の Biomarker Workflow Manager の David Sarracino 氏が、臨床トランスレーショナル研究で生物サンプルを扱う際の極めて困難な課題に取り組むのを支援するためのさまざまなサンプル調製技術について解説します。  創薬と標的定量によるバイオマーカー分析との両方でサンプルのクリーンアップを改善するための新製品を紹介します。

e-learning を視聴する ›

Bio システムの e-learning

サンプル調製の関連する動画

smart-digest-kits

1 時間以内でタンパク質からデータを取得

高速で再現性のあるタンパク質消化により、より幅広い配列に対応し、従来の in-solution 消化を凌ぐデータ品質を達成します。

動画を見る 

sola-spe-plates

じゃまされることのない一貫性。

不純物がより少なく、より高い一貫性を示す抽出物を、優れた再現性で得ることができます。  フリットレス技術は SPE に大変革をもたらします。 さまざまなフォーマットをご用意しており、お客様のラボにニーズに対応します。

タンパク質サンプルの調製の入門

質量分析(MS)高速液体クロマトグラフィー(HPLC)によるペプチドおよびタンパク質の分析(プロテオミクスおよびトランスレーショナル研究)には当社の最適化されたキットを、タンパク質(ペプチド)定量、サンプル調製、装置のキャリブレーションと QC、血漿タンパク質結合アッセイなどの質量分析アプリケーションや質量分析ワークフローには当社の最適化された試薬および装置をご利用ください。

安定した、再現性のあるタンパク質の抽出、濃縮、クリーンアップ、酵素消化、およびペプチドの濃縮とクリーンアップを可能にする質量分析用試薬およびキットです。

質量分析用のキャリブレーション溶液はすぐに使用できる液体型で、LC-MS 装置を速やかに較正できます。有効性が確認済みのスタンダードは、感度測定や消化効率の測定に使用したり、あるいは複雑なサンプル分析時のコントロールとして利用できます。

マルチプレックスな創薬研究を可能にする SILAC 技術やアイソバリック標識を用いた試薬とキットです。HeavyPeptide テクノロジーを用いた同位体標識ペプチドスタンダードにより目的の研究を達成できます。

RED(Rapid Equilibrium Dialysis:迅速平衡透析)システムを含むタンパク質結合研究用のツールおよび機器です。これらの機器は、タンパク質結合力が高、中、低レベルの化合物を用いたヒト血漿タンパク質結合アッセイで、その有効性が確認されています。

タンパク質質量分析用ワークフロー

当社の科学者は統合プロテオミクスソリューションの必要性を認識しており、MS 分析に適合しそれを支援できる製品および技術を開発すべく絶え間ない努力を重ねています。

cmd-email-icon

臨床研究コミュニティに参加する

誰よりも早く新しい臨床研究の情報を手に入れましょう。

今すぐオプトインする ›

固相抽出(SPE)入門

お客様のラボや用途に最適な固相およびタンパク質沈殿を用いたサンプル調製ソリューションについてご覧ください。 当社の幅広い革新的な固相抽出サンプル調製テクノロジーを用いることで、不純物が少なく一貫性の高い抽出物を得て以降の分析を実行できます。分析にはオフラインおよびオンラインワークフローによるものがあり、チップからカートリッジ、カラム、プレートにいたるさまざまなフォーマットをご用意し、お客様独自のサンプル調製に関する需要に対応いたします。

高速溶媒抽出を用いると、ソックスレー法や超音波処理に比べ短時間で結果が得られます。 高温、高圧下で、一般的な溶媒を用いて固体および半固体のサンプルマトリックスを抽出できる特許取得済みの手法です。

SOLA を用いた分析

大量の水性サンプルに対する固相抽出(SPE)を自動化します。  最高 6 種類のサンプルを、カートリッジ/ディスクのコンディショニングから、サンプルの充填、洗浄、溶出まで並行して処理し、クロマトグラフィー分析用サンプルを準備します。

サンプルは貴重であり、失敗して無駄にすることは許されません。 お客様のラボや用途に最適なサンプル調製ソリューションをご覧ください。

タンパク質サンプルの調製の入門

質量分析(MS)高速液体クロマトグラフィー(HPLC)によるペプチドおよびタンパク質の分析(プロテオミクスおよびトランスレーショナル研究)には当社の最適化されたキットを、タンパク質(ペプチド)定量、サンプル調製、装置のキャリブレーションと QC、血漿タンパク質結合アッセイなどの質量分析アプリケーションや質量分析ワークフローには当社の最適化された試薬および装置をご利用ください。

安定した、再現性のあるタンパク質の抽出、濃縮、クリーンアップ、酵素消化、およびペプチドの濃縮とクリーンアップを可能にする質量分析用試薬およびキットです。

質量分析用のキャリブレーション溶液はすぐに使用できる液体型で、LC-MS 装置を速やかに較正できます。有効性が確認済みのスタンダードは、感度測定や消化効率の測定に使用したり、あるいは複雑なサンプル分析時のコントロールとして利用できます。

マルチプレックスな創薬研究を可能にする SILAC 技術やアイソバリック標識を用いた試薬とキットです。HeavyPeptide テクノロジーを用いた同位体標識ペプチドスタンダードにより目的の研究を達成できます。

RED(Rapid Equilibrium Dialysis:迅速平衡透析)システムを含むタンパク質結合研究用のツールおよび機器です。これらの機器は、タンパク質結合力が高、中、低レベルの化合物を用いたヒト血漿タンパク質結合アッセイで、その有効性が確認されています。

タンパク質質量分析用ワークフロー

当社の科学者は統合プロテオミクスソリューションの必要性を認識しており、MS 分析に適合しそれを支援できる製品および技術を開発すべく絶え間ない努力を重ねています。

cmd-email-icon

臨床研究コミュニティに参加する

誰よりも早く新しい臨床研究の情報を手に入れましょう。

今すぐオプトインする ›

固相抽出(SPE)入門

お客様のラボや用途に最適な固相およびタンパク質沈殿を用いたサンプル調製ソリューションについてご覧ください。 当社の幅広い革新的な固相抽出サンプル調製テクノロジーを用いることで、不純物が少なく一貫性の高い抽出物を得て以降の分析を実行できます。分析にはオフラインおよびオンラインワークフローによるものがあり、チップからカートリッジ、カラム、プレートにいたるさまざまなフォーマットをご用意し、お客様独自のサンプル調製に関する需要に対応いたします。

高速溶媒抽出を用いると、ソックスレー法や超音波処理に比べ短時間で結果が得られます。 高温、高圧下で、一般的な溶媒を用いて固体および半固体のサンプルマトリックスを抽出できる特許取得済みの手法です。

SOLA を用いた分析

大量の水性サンプルに対する固相抽出(SPE)を自動化します。  最高 6 種類のサンプルを、カートリッジ/ディスクのコンディショニングから、サンプルの充填、洗浄、溶出まで並行して処理し、クロマトグラフィー分析用サンプルを準備します。

サンプルは貴重であり、失敗して無駄にすることは許されません。 お客様のラボや用途に最適なサンプル調製ソリューションをご覧ください。

リソース

記事

テクニカルノート