QuantiGene™ RNA アッセイはハイブリダイゼーションベースのアッセイで、遺伝子発現転写物を直接定量するためにシグナル増幅用分岐 DNA 技術を利用しています。 このアッセイは、qPCR と比べて、より堅牢で正確な測定を実現します。QuantiGene Plex および QuantiGene シングルプレックス RNA アッセイは、RNA 精製や酵素操作をせずに、細胞または組織ホモジネートから直接 RNA を定量できるよう設計されているため、これらのプロセス特有の非効率、変異性、エラーを回避できます。

QuantiGene™ Plex アッセイは、xMAP Luminex ビーズを用いて3 ~ 80 の RNA 標的をマルチプレックス化し、続いて分岐 DNA ベースのシグナル増幅を行います。アッセイは 96 ウェルプレートで行い、シグナルは Luminex 機器を使って検出します。

QuantiGene™ シングルプレックスアッセイは、サンドイッチ核酸ハイブリダイゼーション法に続き、分岐 DNA ベースのシグナル増幅を利用します。シングルプレックスアッセイは 96 ウェルプレートで行い、シグナルは標準的なルミノメーターを使って検出します。 シングルプレックス HT アッセイはより高スループットの 384 ウェルプレートで実施されます。


リソース

Video: QuantiGene Plex – How It Works
Video: QuantiGene Singleplex – How It Works