アクチン染色用ファロイジンコンジュゲート  

当社は、アクチン標識において抗体より遥かに優れたアドバンテージを提供する Invitrogen Molecular Probes の蛍光およびビオチン化ファロイジンを多数ご提供しています。ファロイジンコンジュゲートの結合特性は、植物や動物など異なる生物種のアクチンに対してもほとんど変化しません。また、非特異的染色もほとんど認められません。そのため、染色された部分とされていない部分のコントラストが明瞭です。

他の細胞骨格染色用製品を見る

ファロイジンの概要

ファロイジンは、致死性の高い Amanita phalloides (タマゴテングダケ)から分離された毒素ファミリーに属す二環性ペプチドであり、固定化細胞や透過化細胞、無細胞実験においてF-アクチンを選択的に標識するためのイメージングアプリケーションに一般的に使用されています。標識ファロイジンコンジュゲートは、高分子および低分子フィラメントに対して同様の親和性を示し、筋肉細胞および非筋肉細胞のアクチンサブユニットあたり 1 個のファロトキシンの割合で化学量論的に結合します。また一部の抗アクチン抗体とは異なり、モノマーの G-アクチンとは結合しないことがわかっています。

Alexa Fluor および Alexa Fluor Plus ファロイジンコンジュゲート

Alexa Fluor および Alexa Fluor Plus 色素を使用したファロイジンの蛍光コンジュゲートは、F-アクチン染色剤として幅広く使用され、全てのスペクトル領域にわたってカラー選択が可能です。ファロイジンコンジュゲートは、スペクトルの類似した他のコンジュゲートと比べ卓越した明るさと光安定性を発揮する蛍光プローブとして研究現場で利用されています。

phalloidin-s002664

固定、透過処理したウシ肺動脈内皮細胞を、Invitrogen SelectFX Nuclear Labeling Kit および Alexa Fluor ファロイジンコンジュゲートを使用して可視化しました。核と F-アクチンをそれぞれDAPI と Invitrogen Alexa Fluor 680 ファロイジン(左上)、Invitrogen SYTOX Green dye と Invitrogen  Alexa Fluor 568 ファロイジン(右上)、7-AAD と Invitrogen  Alexa Fluor 488 ファロイジン(左下)、Invitrogen TO-PRO 3 dye と Invitrogen Alexa Fluor 350 ファロイジン(右下)で染色しました。

Invitrogen ファロイジンプローブのスペクトル特性

アクチン選択的プローブ 励起/発光* 最大分子量 製品番号
Alexa Fluor 350 ファロイジン 346/442 1100 A22281
NBD ファラシジン 465/536 1040 N354
Alexa Fluor Plus 405 ファロイジン 405/450 1010 A30104
フルオレセインファロイジン 496/516 1175 F432
Alexa Fluor 488 ファロイジン 496/519 1180 A12379
Oregon Green 488 ファロイジン 496/520 1180 O7466
ローダミンファロイジン 540/565 1250 R415
Alexa Fluor 555 ファロイジン 555/565 1910 A34055
BODIPY 558/568 ファロイジン 558/569 1115 B3475
Alexa Fluor 594 ファロイジン 590/617 1620 A12381
Texas Red-X ファロイジン 591/608 1490 T7471
Alexa Fluor 647 ファロイジン 650/665 1950 A22287
Alexa Fluor 680 ファロイジン 679/702 1850 A22286
ビオチン-XX ファロイジン NA 1300 B7474
Alexa Fluor Plus 750 ファロイジン 758/784 2122 A30105
* 最大励起波長と最大蛍光波長(Em)、単位は nm。
研究用途にのみご使用ください。診断用には使用できません。